広報気になるニュース:就活生は、リクルートスーツから脱却すべきか? できるのか? したいのか? 就活の場は、最大の自己表現の場。(2022.6.14)804

2022/06/14

就活生は、リクルートスーツから脱却すべきか? できるのか? したいのか?就活の場は、最大の自己表現の場。(2022.6.14)804

2023年卒の就活が行われています。街にはリクルートスーツの方を見かけることも。しかし、ステレオタイプのリクルートスーツでいいのか? というのはずっと言われてきたこと。同じような髪型、服、靴、鞄、メイク、用意された質問に教科書通りの答え。これでは、社会に出たあとに齟齬があって当たり前。
かといって、自由にしていいと言われると、どんな格好が良いか分からず、増々悩むことに。それは、“自由”という言葉には責任が伴うからです。だから、急に変わるのは難しいのではないか、と思っています。だから、少しずつ変わっていくのかな、というのが今回のニュースです。男女を分けることを失くすことから始まる。これは急速に進んだジェンダー問題。そして、多様性。決められるのではなく、自分で選べるように選択の幅を広げる。これから必要とされることです。
しかし、繰り返しになりますが、自分で決めるって実はとても難しい。言ってしまえば、ステレオタイプって楽なんです。実際、会社説明会で私服を指示され悩む方も多いよう。でも、悩むことは自分と向き合うこと。どんな服を着れば自分を表現できるか? 保育園から高校まで制服で過ごした人には、難しい問題かもしれません。私自身がそうです。面接で企業が見たいのは、同じような服を来て、同じような回答をする人じゃないはず。そして、面接で就活生が伝えたいのは、同じような服を来て、同じような回答をする自分じゃないはず。さぁ、日本の就活はどこに向かうのか?

ポイント
就活の場は、最大の自己表現の場。

ニュースサイト
マイナビ、青山ら大手が就活マナー刷新。「男女別」「化粧・パンプス強要」は「時代に合わない」
https://www.businessinsider.jp/post-255292

関連サイト
身だしなみ・持ち物 編 – 恥をかかないための就活マナー(マイナビ)
https://job.mynavi.jp/conts/2023/manner/vol01/

就活応援|リクルートスーツは洋服の青山で決まり!|TOP
https://www.y-aoyama.jp/campaign/recruit/

会社説明会で私服を指示されたら何を着るべき?企業の意図と選ぶべき服装
https://kenjasyukatsu.com/archives/887

2023年卒 就活スケジュールと進め方 – マイナビ
https://job.mynavi.jp/conts/2023/susumekata/

記事執筆:伊藤緑(広報ウーマンネット&Green Label合同会社 代表)