先週のトレたま(2022.5.23~5.27)

2022/05/28

先週のトレたま(2022.5.23~5.27)

WBS(ワールドビジネスサテラト)内の『トレンドたまご』を1週間まとめて投稿。

オフィシャル情報は、こちらから。

★トレンドたまご

2022年5月25日(水)
商品名:電気味覚のお箸
https://www.kirinholdings.com/jp/newsroom/release/2022/0411_01.html
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000366.000073077.html
取材先:キリンホールディングス
https://www.kirinholdings.com/jp/
腕時計型の端末から微弱な電気を出すことで塩味を加減することができる箸。薄い食塩水を固めた寒天をそのまま食べるとほんのりしょっぱい。電気を繋げると、しょっぱくなる。これは、塩味の元のナトリウムイオンがプラスを持っているので、箸を通してマイナスを流すことで、ナトリウムイオンを引き寄せ、味を強く感じる仕組み。生活習慣病で味に物足りなさを感じている人に、健康で美味しくを考えた。最大1.5倍の塩味を感じる。ペースメーカーを付けている方の使用は避けてもらう必要がある。今後、フォーク・スプーン・お椀でも考えている。
発売日:2024年までの実用化を目指す

2022年5月26日(木)
商品名:墨田の洋琴
https://www.yamaha.com/ja/about/design/events_topics/chiba-u_2022/
取材先:ヤマハ銀座店
https://www.yamahamusic.jp/shop/ginza.html
鎖国時代に日本にピアノがあったら、どのような進化をしたかをテーマにしたデザイン。江戸時代に使われた家具をイメージして作られた。弾き箪笥、机(音机)、間仕切り(透き間)の3つ。ピアノは約200年前、シーボルトが来日したときに伝わった。日本でも形を変えることなく今に繋がっているが、江戸時代にピアノがあったら、どう進化していたか?
価格:プロトタイプ

記事執筆:伊藤緑(広報ウーマンネット 代表)