先週のトレたま(2021.5.17~5.21)

2021/05/23

先週のトレたま(2021.5.17~5.21)

WBS(ワールドビジネスサテラト)内の『トレンドたまご』を1週間まとめて投稿。

オフィシャル情報は、こちらから。

★トレンドたまご

2021年5月17(月)
商品名:鼻マスク「ノージー」
https://www.rakunew.com/items/83828
取材先:個人 ノージー開発者 カリーナ・クーニャさん
イギリスでは屋内でのマスクは義務化、屋外では義務化されていないためマスクをしていない人が多い。カリーナさんとダイソンの元エンジニアで開発した鼻マスク。クリップを鼻に差し込み、鼻を筒インコムように押し当てると落ちない。クリップとカバーの鼻筋に磁石が入っている。これに口ようのマスクを付けることで鼻と口を覆うことができる。飲食の際に鼻が無防備になることを防ぐことができる。カバーの部分にフィルターには、活性炭と抗ウィルス性のある銀が含まれており、ウィルスは、99,997%。大気汚染物質は99.97%除去することができる。この製品の開発はコロナがきっかけではなく、イギリスの大気汚染問題。カリーナさんは通勤で20分地下鉄に乗ると、タバコ1本分の大気汚染物質を吸ってしまうそう。また、イギリスの地下鉄はWHOが定める基準の約10倍と言われている。幹線道路での女の子の死因が大気汚染だと認定された。大気汚染が死因の死亡は多いことから、人を守るために開発を行っていた。
価格:約1万円(フィルター3つと口マスクがセット)
発売日:発売中
ロンドン支局より

2021年5月18日(火)
商品名:ZiBi(ジビ)
https://ssmt-bg.jp/
取材先:株式会社ササマタ
http://www.ssmt.jp/
メガネのように耳にかける紐のないマスク。鯖江マスク。メガネの生産で有名な鯖江の技術により開発された耳にかけるマスク。鼻や角度のこだわり、最終的には職人が調整を行う。布は立体構成でマスクの幅は3段階に調整できる。イヤリングやイヤホンをする人は、マスクの紐が引っかかることがあるが、これだと引っかからない。このマスクと合わせてメガネをすることも可能。耳掛け部分は、チタン製とナイロン樹脂製がある。機能性とファッション性を合わせ持つマスク。ロゴなどを入れられるようにすることも考えている。
価格:3,500円(ナイロン樹脂製耳掛け・布マスク2枚セット)
発売日:発売中
クラウドファンディングが行われていました。
https://www.makuake.com/project/zibi/

2021年5月19日(水)
商品名:デジタル射的 BAQUUN!
https://placeholder.co.jp/business/litpla/digital_shateki
取材先:プレースホルダ
https://placeholder.co.jp/
録画失敗のため、詳細分からずです。
価格:1日レンタル11万円~
発売日:6月下旬レンタル開始予定

2021年5月21日(金)
商品名:PA+NCHO(パンチョ)
https://www.kajigroup.co.jp/news/1354/
取材先:KAJIグループ
https://www.kajigroup.co.jp/
繊維メーカーが作った雨をしのぐだけでなく、災害やレジャーにも役立つポンチョ。高機能の撥水加工。重さは235g。持ち運びにも便利。ポンチョを広げると、間仕切りにしたりレジャーシートとしても使える。畳めば枕や屈書に。簡易的な更衣室にもなる。アパレル業界が厳しい状況で、その下請けの繊維産地はもっと厳しい状況になっている。産地から商品を販売していく。繊維の多くは北陸で作られている。
価格:1万4,300円
発売日:発売中

記事執筆:伊藤緑(広報ウーマンネット 代表)