先週のトレたま(2020.8.31~9.04)

2020/09/05

先週のトレたま(2020.8.31~9.04)

WBS(ワールドビジネスサテラト)内の『トレンドたまご』を1週間まとめて投稿。

オフィシャル情報は、こちらから。

★トレンドたまご

2020年8月31日(月)
商品名:デジタルヘルスパジャマ
http://www.urban-research.co.jp/news/brand/2020/05/digitalhealthcarepajama/
取材先:株式会社Xenoma
https://xenoma.com/
パジャマのなかにセンサーをいれ、データをスマフォに送る。初の消費者向けの商品。着心地は普通のパジャマ。センサーも重みもなく気にならない。うつ伏せになっても痛くない。お腹の上下の動きや呼吸や心拍数など5つの項目から眠りの深さや寝つきの良さを点数化。日中の過ごし方もアドバイスしてくれる。高齢者向けに昼間の活動のアドバイスもできるようにしたい。
発売日:発売中
価格:3万1,900円

2020年9月1日(火)
商品名:脱皮袋(だっぴたい)
https://www.daishowasiko.com/case-study/kamibukuro/dappitai/
取材先:大昭和紙工産業株式会社
https://www.daishowasiko.com/
水をはじく紙袋。これまでも水をはじく袋はあったが、これは表面のフィルムを簡単にはがすことができる。フィルムをはがすことで、紙とプラスチックに分けることができ分別できる。また、フィルムに色を付ければ、フィルムをめくったときに隠れていた絵が現れることも可能。剥がす楽しさと分別することが両方できる商品。
発売日:秋発売予定
価格:1,000円

2020年9月2日(水)
商品名:グラスマスク
https://glasses-mask.com/
取材先:カゴメディア株式会社
http://www.kagochan.jp/
メガネに付けるプラスチックのマスク。日本人の75%がメガネをかけていることから考えた。プラスチックのマスクを顔の形に合わせて織り込み、切込みにメガネの「つる」を通せば出来上がり。重さは10gでとても軽い。顔のどこにも付かないので、メイク崩れや肌トラブルやメガネのくもりも起こらない。ゴム紐で耳が痛くなることもない。いきがしやすいことから、厨房やランニングの人に使って熱中症防止に使ってもらいたい。次世代マスクにしていきたい。アルコール消毒で拭けば繰り返し使える。
発売日:発売中
価格:4枚入り 1,375円

2020年9月3日(木)
商品名:分離式3WAY双眼鏡 PENTAX VD 4×20 WP
http://www.ricoh-imaging.co.jp/japan/products/binoculars/v-series/special/vd4x20sp.html
取材先:株式会社リコー
https://www.ricoh.co.jp/
双眼鏡の右と左を凹凸で簡単に着脱可能にしてもの。2つにすることで、好きな人と感動をシェアできる。ひとつの双眼鏡を2つに分けて二人で使うことができる。また、2つを縦に繋げることができ、望遠鏡として使うことができる。双眼鏡で4倍。望遠鏡では16倍で見ることができる。
発売日:9月4日
価格:3万2,800円

2020年9月4日(金)
商品名:Neochi PillOw(ねおちピロー)
https://www.makuake.com/project/neochipillow/
取材先:クロスプラス株式会社
https://www.crossplus.co.jp/
うつ伏せ用のクッション。楽にうつ伏せの体制を続けることができるように上半身を受け止めてくれるクッション。両肘に掛かる負担を減らし、本やスマフォを置ける場所がある。穴があり顔をうずめることでそのまま眠ることもできる。クッションの中には、きめ細かいビーズが入れられており、伸縮性の違う2種類の生地を使うことで、ビースがズレず中央に集まるようにしている。アパレル企業が制作。アパレル業界の新たな取り組みにもなる。
発売日:Makuakeにて先行予約販売中
価格:1万780円

記事執筆:伊藤緑(広報ウーマンネット 代表)