先週のトレたま(2020.3.2~3.6)

2020/03/07

先週のトレたま(2020.3.2~3.6)

WBS(ワールドビジネスサテラト)内の『トレンドたまご』を1週間まとめて投稿。

オフィシャル情報は、こちらから。

★トレンドたまご

2020年3月2日(月)
商品名:ロジカル・Tラインノート
https://www.nakabayashi.co.jp/product/category/07/01/10/
取材先:ナカバヤシ株式会社
https://www.nakabayashi.co.jp/
光を充てると縦に白い線が見えるノート。紙に白いインクで印刷してあり、光を当てた時だけ見える。ノートを取るときに縦をそろえることができる。光を充てなければ、普通のノートに見える。方眼紙のノートを使っている人がコピーをしたりスキャンをしたりするときに縦線が邪魔なことから開発。
価格:209円~

2020年3月3日(火)
商品名:Tosk Remake Cover
https://www.daidore.co.jp/tosk_remake_cover/
取材先:ダイドレ株式会社
https://www.daidore.co.jp/
街にある雨水などを下水流すための溝の蓋。穴が開いており、ヒールに傷をつけたことがある女性も多いのでは? 穴のある溝の蓋を2層の石(上が細かい石で、下が大きい石)で作ることにより、接着面を減らし水を通すことができ、穴の開いてない蓋を作った。これまでも、同様に見えるものはあったが裏が閉じられていたり水を通す穴が小さかったりした。大阪本社の会社なので、大阪万博に向けて使えるようにしていきたい。
価格:8万9,650円(歩行用みぞ幅300mm)
発売日:販売中

2020年3月4日(水)
商品名:HI-CUP 電子レンジ対応
https://www.dnp.co.jp/news/detail/10157639_1587.html
取材先:大日本印刷株式会社
https://www.dnp.co.jp/
電子レンジで使える、紙パック。カップラーメンのパックは基本、お湯を入れるもので電子レンジにいれると焦げてしまう。原因は底に熱が溜まることから。そこで、底にの折り返しを折り畳みに変えることで、熱を内側に戻すことを開発。開発には新規の機械を使うのではなく、今ある機械を有効に使うことを考え5年の時間が掛かった。
価格:未定
発売日:2今年中に提供予定

2020年3月5日(木)
商品名:乾送ミミダス
https://www.tjsys.co.jp/lsi/kanso-mimidas/index_j.htm
取材先:東芝情報システム株式会社
https://www.tjsys.co.jp/
家事のなかでのストレスのひとつに、干した洗濯物がいつ乾くかということがある。ウサギの形をしたクリップの先に4つの電極をつけ、水分量や衣類の中の電子量をはかり乾燥時間を測定する。乾く時間をスマフォに連絡こともでき、外出先でも使える。クリップの重み(64g)で伸びてしまう衣類に対する課題が残る。今後は、室内乾燥機を連動させ、乾燥したらスイッチを切るようにしていきたい。クリップは脇などの乾きにくいところに付けるのがポイント。
発売日:販売中

2020年3月6日(金)
商品名:フニィーボ
取材先:テックマジック株式会社
https://techmagic.co.jp/
洗った大量の食器を種類別にして分けるロボット。ホテルなどでは通常5~6名で行われている仕事をロボットで行うため研究中。これまでは食器に印をつけていたが、これは1台目のロボットで食器の形を覚えさせて、カメラの映像で食器を種類や形を見分け取り出す。2台目のロボットで同じ食器を集める。今後は食洗器と合わせて使い、使った食器をいれると分けられた状態で出てくる仕組みにすることを考えている。
価格:未定
発売日:実証実験中

記事執筆:伊藤緑(広報ウーマンネット 代表)