先週のトレたま(2020.1.27~1.31)

2020/02/01

先週のトレたま(2020.1.27~1.31)

WBS(ワールドビジネスサテラト)内の『トレンドたまご』を1週間まとめて投稿。

オフィシャル情報は、こちらから。

★トレンドたまご

2020年1月27日(月)
商品名:Pixx
https://ax-robotix.jimdofree.com/pixx/
取材先:Ax Robotix株式会社
https://ax-robotix.jimdofree.com/
高さを変えられる枕。ベルトがついている枕をフレームに直接置いてそのうえに薄いマットを敷く。パソコンとつながっており、高さの調整ができる。体調に合わせて、その日行った仕事や作業の内容によって心地良い高さが違うので、毎日変えることができる。首だけ調整も可能。データが集まればレコメンドされる。腰枕をしても使える。5個をまとめてベッドにすることもできる。今後はスマフォで管理できるようにする。
価格:未定
発売日:来年春を予定

2020年1月28日(火)
商品名:デスク下ベッド
https://www.bauhutte.jp/product/bhb590f/
取材先:バウヒュッテ
https://www.bauhutte.jp/
社内で横になって寝ることができるベッド。仕事に疲れたときは30分くらいの仮眠が良いとされている。仮眠をとって効率化させるために睡眠を推奨。机の高さが70cm。ベッドの横のベルトを引っ張って立てると59㎝なので、机の下に置くことができ引き出しにもつかえない。オフィスの真ん中で眠るのは難しいのでパーテーションや会議室なで使えると良い。体調不良の人にも使える。防災用の備蓄品としても考えられている。寝心地は少し固めだが安定感がある。
価格:3万4,500円(参考価格)
発売日:インターネットで販売中

2020年1月29日(水)
商品名:エモいガチャ
https://emoi-gatya.com/
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000027.000030514.html
取材先:知財図鑑と株式会社Empathの共同開発
https://chizaizukan.com/
https://webempath.com/jpn/
会議を盛り上げるためのIoTデバイス。ガチャとタブレットが繋がっており、タブレットが人の声の高さや雰囲気を感知し、会議があるレベル以上盛り上がるとキャンディが出てくる。人口知能が使われている。感情を測定するAI。盛り上がりを可視化することから考えられた。量産に向けて改良中。言っている言葉ではないので、言語は関係なく使える。

2020年1月30日(木)
商品名:オフィスキッチンクリーナー
https://oggi.jp/6146876
https://www.jiji.com/jc/article?k=2020012700368&g=newitem
取材先:スリーエム ジャパン株式会社
https://www.3mcompany.jp/3M/ja_JP/company-jp/
会社のマイカップに付いた茶渋を水だけで簡単に落とせる使い捨てシート。給湯室のスポンジは複数の人が使うので好まない人も多いが、これは使い捨てで再利用できるので安心して使うことができる。特殊な研磨の粒子が汚れを落とすことができる。コワーキングスペースでも使われる喜ばれる。
価格:880円(参考価格)
発売日:インターネットで販売中

2020年1月31日(金)
商品名:日病モバイル
https://gemmed.ghc-j.com/?p=32137
窓口:株式会社日本病院共済会
https://www.nichibyo.co.jp/
取材先:株式会社フロンティア・フィールド
https://www.frontierfield.co.jp/
病院専用のスマートフォン。今も病院ではPHSが使われているが、2020年7月31日をもって終了するため、病院用のスマフォを考えた。一人一台のPCを持たない看護師は、一斉に連絡をすることができないので、スマフォで一斉連絡を受けたり送ったりすることで、より効率化できる。病院に必要なアプリをいれてある。電波を使わず4Gを使う。独自の技術を使いインターネットを使わないので、セキュリティも安心
価格:端末レンタル、アプリ込みで月2,000円以下
発売日:発売中

記事執筆:伊藤緑(広報ウーマンネット 代表)