広報気になるニュース:企業SNSの発信内容に間違いはあるが、正解はない。ナマコの忘れ物!?(2022.2.14)800

2022/02/14

企業SNSの発信内容に間違いはあるが、正解はない。ナマコの忘れ物!?

企業の公式Twitterで、社内の給湯室に置き忘れたナマコについてツイートを行った木村鋳造所。企業の公式Twitterに投稿する内容として、冷静に考えると「???」と思うのですが、中の人のキャラクターや業態や企業の雰囲気で、反応は様々です。今回のツイートは、とても社内的な情報。社内メールで伝えたり、イントラネットで伝えたりの方法もありそうですが、全世界へ発信できるTwitterでの発信。そして、それが好意的に受け入れられています。「1.4万件のリツイート 342件の引用ツイート 5.1万件のいいね」(2022年2月14日午前6時9分現在)というかなりな数字に。何がポイントだったのか? を考えると、ひとつはナマコという存在。そして、元々のこのTwitterのキャラクターだったように思います。ナマコが増えたり、そのナマコの存在の理由があったかい内容だったり。
プロフィールには「1927年創業の世界記録を持つ鋳物屋。日本(静岡、群馬)とアメリカに拠点。 ツイートはTwitter担当の見解です。 企業・製品情報はコーポレートサイトでご確認ください。 緩いツイート多めです。」と明確に書かれていることも良いのでしょう。作っている物は、私たちが目にするものでありながら、個人より企業が依頼することが多いBtoB企業。このTwitterが、より多くの方と接点を持つ場になっているように思います。それは、「5,638フォロー中 4.6万 フォロワー」という数字でも見て取れます。街中にある彫像や塔やシンボルがをどこの企業が作ったものであるかを知ることは、あまりありません。そして、SNSがメジャーになるまで、それを伝える方法もありませんでした。しかし今は伝えられる。Twitterは。伝え方によって好意を持たれたり、反感をかったり、紙一重のものですが、正直、何が正解かは分かりません。まさに投稿する中の人のセンスが大きかったりします。
まさに、企業SNSの発信内容に間違いはあるが、正解はない、と思っています。ニュースが配信された時点で2000フォロワーが増えたとのこと。ニュースになったあと、もっと増えているように思います。

ポイント
企業公式SNS投稿内容に正解はない。

ニュースサイト
「給湯室にナマコを置き忘れた社員へ」業務連絡に大反響…その後に“退職の挨拶”と判明!? 経緯を聞いた
https://www.fnn.jp/articles/-/312699?display=full

関連サイト
木村鋳造所(公式)の最初のツイート
https://twitter.com/KimuraFoundry/status/1490468849917259778

木村鋳造所(公式)の2回目のツイート
https://twitter.com/KimuraFoundry/status/1490521112362778626

木村鋳造所(公式)Twitter
https://twitter.com/KimuraFoundry

木村鋳造所: 鋳物の革命児
https://www.kimuragrp.co.jp/

記事執筆:伊藤緑(広報ウーマンネット 代表)