広報気になるニュース:キャッシュレス化が進む。硬貨入金に手数料(2022.1.17)796

2022/01/17

キャッシュレス化が進む。硬貨入金に手数料

ゆうちょ銀行で、今日から硬貨の入金に手数料が掛かるようになった。
========
1枚から50枚まで:無料
51枚以上100枚まで:550円
101枚以上500枚まで:825円
501枚以上1000枚まで:1100円
※以降、500枚ごとに550円加算
========
節約方法として時に紹介される、小銭貯金。財布の小銭を貯金箱にいれることを習慣にしてお金を貯める方法は終わってしまうのか? 実は、数年前からいただいた貯金箱に100円や500円をいれてました。こまめに貯金していたので、50枚を超えることはなかったかもですが。そして、神社好きなのでお賽銭用の小銭に常にキープしています。
銀行にとって、大量の硬貨の入金はATMの占領や故障の原因になる。確かに。実は、昨年、5万円分の硬貨を持ってきた高齢の方と銀行でお会いしたことがあります。そういう方は多いのではないかと。せっかく貯めた小銭も上記のように手数料が掛かると、非常に残念。51枚以上100枚まで:550円の場合、1円玉51枚=51円に対して、550円かかるということです。キャッシュレス化は今後も進んでいきます。前回書きましたが、ラガード戦略では、革新者であるイノベーターは2.5%ですが、革新者のイノベーターから前期追随層であるアーリーマジョリティまで含めれば50%です。
銀行側の理由も、記事内に
======
北都銀は「キャッシュレス推進などの環境変化を踏まえた」
======
と書かれています。
私も今日出かけたスーパーでは、セルフレジでキャッシュレスで支払いをしました。いつの間にか、そういう時代になりました。コロナ禍がスピードを早めました。今後、財布の形も変わるのか? と考えてしまいます。
ただ、停電したり障害が起きたら、まったく使えなくなってしまうことが問題のキャッシュレス。どう付き合っていくか? 0か100かの選択肢ではないと思います。開業医の病院の多くは現金のみですし。しかし、硬貨の発行枚数は年によって違うようですが、少額硬貨の流通枚数は減っているようです。リストを作っている方がいました。このリストは、プレミア硬貨のためかもしれませんが。

ポイント
小銭貯金大丈夫でしょうか?

ニュースサイト
ゆうちょ銀行、17日から硬貨手数料 窓口もATMも高まる顧客負担
https://www.asahi.com/articles/ASQ1G6JMBQ1DULFA01P.html

関連サイト
ゆうちょ銀行
https://www.jp-bank.japanpost.jp/

キャッシュレス社会到来!メリット・デメリットを理解し賢く活用しよう
https://www.resonabank.co.jp/kojin/app/column/column_app_0001.html

自然災害にキャッシュレスは悪手なのか。現金の強さと弱さ
https://www.watch.impress.co.jp/docs/series/suzukij/1267292.html

頻発するキャッシュレス決済の障害、利用者急増で露呈した実装ミス
https://xtech.nikkei.com/atcl/nxt/column/18/00989/083100034/

二極化が進む現金流通高~一万円札は急増、五円玉は減少止まらず
https://www.nli-research.co.jp/report/detail/id=65159?pno=2&site=nli#anka1

現行硬貨(1円玉~500円玉)年別発行枚数一覧【昭和24年~令和3年】
http://www13.plala.or.jp/bigdata/coin.html

記事執筆:伊藤緑(広報ウーマンネット 代表)