広報気になるニュース:問題のある商品回収は速やかに。隠す時代はすっかり終わったように見えるが(2021.6.3)773

2021/06/03

問題のある商品回収は速やかに。隠す時代はすっかり終わったように見えるが

5月下旬に商品回収のニュースがいくつか耳に入った。これも広報が関わる仕事。通販でない場合、どこで誰が買ったかは分からない。情報を発信してもすべての人に届くとも限らない。飲食物の場合、すでに食べたり飲んだりしてしまったものもあるだろう。健康被害がなければ良いが。私が広報専門誌でライターをしていた2006年~2007年くらいに、偽装は隠せないという時代が来た。黙っていたら分からない、という時代は終わり、問題が分かった時点で発表し、回収することが企業イメージを上げるようにもなった。
偽装問題で会社を閉じることになったところもあるかもしれない。脈々と続いてきた社内の当たり前、誰も指摘できなくなっていただろうことが、一気に明るみに出た時期があった。今は、クリーンになったように思えるが、いろんな意味でのブラック企業は今も多い。黙っていれば分からない、これだけは広報として許してはならない。
リコールや商品回収に関する情報を集めたサイトもいくつかある。

ポイント
商品の問題が発覚したら、対応は速やかに。黙っていてもばれます。

ニュースサイト
食器9万点自主回収 熱で破損の恐れ―イケア(2021年05月18日)
https://www.jiji.com/jc/article?k=2021051801025&g=eco

宝酒造、缶酎ハイ117品自主回収 対象9600万本、1人けが(2021年05月20日)
https://www.jiji.com/jc/article?k=2021052001172&g=eco

ユニクロ、女性下着回収 4万点、異物混入の恐れ(2021年05月28日)
https://www.jiji.com/jc/article?k=2021052800510&g=eco

関連サイト
リコール情報(METI/経済産業省)
https://www.meti.go.jp/product_safety/recall/index.html

食品の回収、自主回収 | リコールプラス – 380件中 1~50件
https://www.recall-plus.jp/category/1?page=1

HOME|食品事故情報告知ネット
https://kokuchi.shokusan.or.jp/

記事執筆:伊藤緑(広報ウーマンネット 代表)