広報気になるニュース:依存は不安から起こる。「占い依存」で自分の人生を失わないために(2021.4.22)767

2021/04/22

依存は不安から起こる。「占い依存」で自分の人生を失わないために(2021.4.22)767

月曜日には「しいたけ占い」を見る。月初めには「ONTOMO」の青石ひかりさんの「音楽占い」を見る。これくらいなら、大丈夫かなと思っているけれど。忘れていることも多いし、読んでも忘れることも多いから。ただ、精神的に弱っていたときは月曜日を楽しみにしていたし、自分でオラクルカードを毎日めくって自分を支えていた。教えてもらった占い師さんに見てもらったことも何度もある。女性に限らず占いにハマる人はいるし、それが依存になってしまうことも多いようだ。しかし、提供する側はビジネス。そして、誰かを救うものでもある。提供する側に必ずしも悪意があるわけではない。しかし、他の依存と同じようにそれがすべてと思ってしまう、と自らを失ってしまう。この記事にある経営者の占い使い方、「経営者は「答え合わせ」に占いを使っている」これはビジネスだな、と思う。最近は、私もそう使えるようになってきたよう。まさに確認だ。ただ、不安になると頻度が上がってしまう(といっても年に2回くらいかな?)。ただ過去には、占い師さんに「自分で分かってるからもう私に聞かなくても良いですよ」といわれたりも。結局、自分で決めているというか、自分で決めたことの確認なんだ、と気づいたときです。
それからは、自分の直観に従うことが多くなった。ただ、占いに限らず依存は本当に怖いもの。これはまさに脳のバグなのかもしれない、と思う。強迫性障害も確認への依存だと理解しているし。コロナ禍の今は、アルコール依存も増えていると感じる。自分も危なかったところだ。。ゲームは大丈夫だけど、海外ドラマはたぶんいつもより多く見てしまってる。
自分の頭で考えることを辞めたら、誰の人生を生きているのか、分からなくなる。その通りにするのではなく、取り入れるくらいでいられるようにしたいものだ。転げ落ちないように。自らにも贈る言葉。

ポイント
未来は自分で決める

ニュースサイト
コロナ禍で占い中毒者激増中!占い師に聞く「成功者の活用法」
https://friday.kodansha.co.jp/article/175486

関連サイト
「ギャンブル等依存症」などを予防するために(文部科学省)
https://www.mext.go.jp/a_menu/kenko/hoken/__icsFiles/afieldfile/2019/04/05/1415166_1.pdf

占い依存症の共通点5つとなりやすい人の特徴3選【治療法も5つ紹介】
https://www.afi-b.com/net/ft-uranaiizon/

依存症についてもっと知りたい方へ(厚生労働省)
https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000149274.html

記事執筆:伊藤緑(広報ウーマンネット 代表)