広報気になるニュース:「使い捨て」からの卒業は企業だけでなく、利用者も考えること(2021.4.16)765

2021/04/16

「使い捨て」からの卒業は企業だけでなく、利用者も考えること

2015年9月の国連サミットで加盟国の全会一致で採択された「持続可能な開発のための2030アジェンダ」SDGs。各企業が取り組みに力いれている。各地でセミナーなども行われているが、SDGsライターとしては気になる点もある。SDGsに関しては概念から説明が始まることも多く、企業の担当者も自社が何をすれば良いのか? まだ理解できていない場合もある。ただそのなかでもプラスチック削減は分かりやすい事例だろう。スターバックスがアイス飲料の約7割にあたる23品目の提供をプラスチックから紙製のカップへの変更を行う。またストローを使わない飲み口の蓋に変更する。しかし、使い捨ては変わらないまま、という記事だ。スタバはマイボトルを利用する人も見かけるが、コロナ禍もあり難しい時期もあった。そして、スタバに限らずテイクアウト時のパッケージは、どうしても使い捨てになりやすい。これをどう解決していくか? 使い捨てがされていなかった時代に戻る。マイボトルのように常に何かを買うときには自分で入れ物を持っていく。エコバックに関しても、私が子供の頃は、自分で持っていったカゴにいれて持って帰っていた店舗もある。店舗にとって万引きとの闘いになるのだが。時代は繰り返す、というより戻る。便利になったことで廃棄物が増えたことは否めない。これからもまだ使わせていただく地球。地球に住むのは人間だけではないのだから。
4月14日から始まった石原さとみさんと綾野剛さん主演のドラマ『恋はDeepに』は海洋問題がテーマにもなっているよう。今後、恋愛モノになってしまうかもしれないが、海のなかのことを知るきっかけになれば。

ポイント
プラスチックから紙へ。それだけでは足りない「使い捨て問題」

ニュースサイト
スタバに「プラから紙への変更では不十分」との声も
https://www.alterna.co.jp/36569/

使い捨てプラスチック削減のため、全23品目のアイスビバレッジを FSC(R)認証※1紙カップとストロー不要のリッドで4月16日(金)より順次提供スタート
https://digitalpr.jp/r/46831

関連サイト
スターバックス コーヒー ジャパン: Starbucks Coffee Japan
https://www.starbucks.co.jp/

スタバ、アイス飲料のカップを紙製に変更、11月から順次
https://diamond-rm.net/management/65132/

恋はDeepに|日本テレビ
https://www.ntv.co.jp/deep/

記事執筆:伊藤緑(広報ウーマンネット 代表)