広報気になるニュース:ダイソーの新業態。300円、500円、1000円。3COINSと比べたい(2021.3.24)758

2021/03/24

ダイソーの新業態。300円、500円、1000円。3COINSと比べたい

100円で購入できるものを並べたら、45年前より多いのではないか? と思うことがある。45年前というのは、私が初めてデパートの一角で行われた100円均一コーナー的なところへ行った記憶。47年くらい前かもしれない。自転車で行った田舎のデパート。そこには、ここにあるもの全部100円(当時は消費税なし)という言葉がとても魅力的だった。子どもなので、折り紙とかメモ帳とかシールとかを見ていた気がするが、それを安いとジャッジしたのは、普通は100円で買えなかったのだろう。しかし、今は100均に行けば、折り紙もメモ帳もシールもそこそこ(いや、けっこう)可愛いものが買える。物価は下がったのか? と100均に行く度に思う。そして、気づけば定期的に必要なものを買いに行く習慣になっている。しかし、そこは、SDGs的には厳しいプラスチック万歳天国。悩ましいが安さには代えられないことも多い。
100均といえば、ダイソー、キャン★ドゥ、Seriaが有名ところだろうか? そして、100均はコロナ禍で買い物思考(嗜好?)が変わった人たちに以前より使われているという。アパレルも高級ブランドよりも、カジュアルブランドという人が増えたというニュースも聞く。安価でオシャレなものが手に入るなら、ブランドは問わない人が増えたのか。GINZA SIXも厳しい状況と聞くし。外出が減り人に見せることが少なくなったこともあるのかもしれない。金銭的な問題もあるだろう。
100均有名店のダイソーの新業態は、300円、500円、1000円(いずれも税抜き)を扱うという。300円が多いというが、そもそもダイソーには、100円以外の商品もあったので、準備はあったのかもしれない。そして、店舗は渋谷ヒカリエ内。ヒカリエオープン時にダイソーが入ることが予想できただろうか? いや、ダイソーではなく、Standard Products by DAISO なのだけど。「ちょっといいのが、ずっといい。」というコンセプト。直訳すると「標準製品」。無印という名のブランドに通じるような。ブランド志向ではない私は、偉そうですが「自分がブランドになれば、ブランドに頼る必要はない」を20年くらい前から書いたり、言ったりしている。ぶっちゃけブランドに興味ないから、そう言っているという部分もあるけれど。自己啓発系のセミナーでは、良いものを身に付けることで、自分が高まると教えるが、それで浪費をしてしまうと本末転倒。自分を高める方法は人によって違う。ダイソーがこの店舗を今後増やしていけば、ほぼほぼダイソー(いや、Standard Products by DAISO)でモノが揃ってしまいそう。300円商品が多いとのことなので、3COINSとも比べてみたい。

ポイント
安くてオシャレなものが増え、それをOKとする時代に。SDGs的には気になるけれど。

ニュースサイト
大創産業/渋谷マークシティに洗練された生活雑貨の新業態、中心価格は300円
https://www.ryutsuu.biz/store/n031912.html

関連サイト
Standard Products by DAISO
https://standardproducts.jp/

ダイソー
https://www.daiso-sangyo.co.jp/

マグカップを『100均』で新調すると…こうなってしまう!!
https://buzzmag.jp/archives/331891

3COINS
https://www.3coins.jp/

記事執筆:伊藤緑(広報ウーマンネット 代表)