広報気になるニュース:商品名への社名変更。採用広報に必要な分かりやすさ(2021.3.22)757

2021/03/22

商品名への社名変更。採用広報に必要な分かりやすさ

会社名を知ってもらうことは企業にとってとても大切なことだ。売上を上げるためにも、良い人材を得るためにも。長く続いてきた社名の変更は大きな決断ではあるが、何をしている会社、何を作っている会社か分からない。商品と企業が繋がらないのは残念なことだ。社名は会社の顔だ。今回は、武田コンシューマーヘルスケア という企業名が、アリナミン製薬に変わる。正直、武田コンシューマーヘルスケア と聞いて、アリナミンを作っている会社だとはすぐには分からない。しかし、武田コンシューマーヘルスケアがアリナミンだけを作っているわけではない。どの商品を冠にするかは、非常に難しい。以前、株式会社ツムラから分社化した株式会社バスクリン。しかし、株式会社バスクリンは、バスクリンだけを作っているわけではない。しかし、ツムラと言えば漢方のイメージがある人も多いだろう。そんななかでも分社化だったのだろう。今回も武田薬品工業の子会社であり、コンシューマー向けの商品を作っている企業名の変更。プレスリリースには、“60年以上の長きにわたりご愛用頂いている最大のブランド「アリナミン」を社名に冠す”とある。社名変更に関わる多くの業務が予想される。発表の時点ですでにかなり進んでいると思うが。これらも広報の仕事のひとつだ。

ポイント
認知された商品名を社名へ。採用広報に繋がるか?

ニュースサイト
新社名は「アリナミン製薬」 売却機に主力ブランド活用
https://www.asahi.com/articles/ASP3M5TYRP3MULFA00Y.html

社名を「アリナミン製薬」に変更…武田薬品工業の大衆薬子会社
https://www.yomiuri.co.jp/economy/20210319-OYT1T50274/

関連サイト
武田薬品工業
https://www.takeda.com/ja-jp/

武田コンシューマーヘルスケア株式会社
https://www.takeda-chc.co.jp/

社名変更に関するお知らせ(プレスリリース)
https://www.takeda-chc.co.jp/news/2021/03/assets/2021031901/J-TCHC_Press_release_20210319-1.pdf

アリナミン
https://alinamin.jp/

記事執筆:伊藤緑(広報ウーマンネット 代表)