広報気になるニュース:「推し休暇」。ヲタクこそ強い時代、社員のため社内制度。企業PRにもなっている(2021.3.9)752

2021/03/09

「推し休暇」。ヲタクこそ強い時代、社員のための社内制度。企業PRにもなっている

今、企業が最も求めている人材のひとつはエンジニアだと思っています。主に、アプリ開発ができるエンジニア。エンジニア専門のエージェントもあり、企業に所属せずフリーで稼いでいる方もいるでしょう。今、エンジニアはある意味、花形職業だと思っています。エンジニアの方が会社を立ち上げることも増えました。ただ、その場合は経営とマーケティングのプロを置くことをお勧めします。エンジニアはクリエーターであり、アーティストである部分が強いからです。
さて、そんなエンジニアの方々、昔はオタクを言われていた時代がありました。PCを相手に黙々とプログラミングをする。そんな人の中にアイドルオタクが多かった時代があります(今はさまざまな業種の方がアイドルファンですがが)。アイドルマネジメント経験者としては、ライブなどで集まる様々な業種の方々がひとつの同じコンテンツ(アイドル)を通して共通感覚を持ち、ルールを守ってアクティブに活動する姿が好きでした。というか今も好きです。
さて、今日のニュースは「推し休暇」。推しという言葉もポピュラーになりましたね。株式会社ひろろの代表がアイドルファンであることから、生まれたようです。それも、1推し、2推しとあることから、精通している方かと。箱推しの場合はどうなるのか、と気になるところ。そして、現状はアイドルに特化しているよう。アイドルは異動も激しく、卒業したり、結婚したりもあることからだと思うが、推しはアイドルに限らず、バンドや声優、2.5次元など幅広い。そのあたりも気になる。私は、先日あるバンドのボーカルの生い立ちと歌詞を読んで、ちょい推し状態。そして、驚くことは、この「推し休暇」は有給。卒業や結婚では10日取れることもあるのでホワイト企業、神企業という声も。
企業の制度はニュースになる、は広報の基本です。まだない休暇や制度、たくさんあると思います。ぜひ一考を。
そして、女性向けのゲームやエンターテインメントコンテンツを提供する株式会社ジークレストには、2017年12月からこのような制度があります。「推しメン休暇制度(PUSHING MEN’S LEAVE SYSTEM)1年に1度、アニメやマンガ、ゲームのキャラクター、タレントや声優など、自分のイチ推しメンバーの記念日(誕生日やライブ開催日など)に、休暇を取得できます。お祝いを支援するための活動費として、上限5000円までを会社が負担します。」こちらは主に女性向きかな、と思いますが、社員には有難い制度です。社員のモチベーションを上げるのも企業の大切な仕事ですから。

ポイント
“推し”が、仕事のモチベーション上げる時代。新たな社内制度は次々生まれていい。

ニュースサイト
アイドル〝推し休暇〟制度を設けた会社がプチバズり!卒業なら「10日間の慶弔休暇」
https://www.tokyo-sports.co.jp/entame/news/2862360/

関連サイト
株式会社ひろろ/Hiroro, Inc.
http://hiroro-inc.com/

itaru9(株式会社ひろろ社長)
https://twitter.com/itaru9Z

“推しメン休暇”って実際どうなの?どんなキャラでもいいの?ジークレスト代表&社員にアレコレ聞いてみる(2018.6.7)
https://www.inside-games.jp/article/2018/06/07/115221.html

株式会社ジークレスト
https://www.gcrest.com/

推しメン休暇制度
https://www.gcrest.com/recruit/unique-system/

記事執筆:伊藤緑(広報ウーマンネット 代表)