広報気になるニュース:アルコールのグラム表示、健康的な酒量が分かりやすくなるか?(2021.3.8)751

2021/03/08

アルコールのグラム表示、健康的な酒量が分かりやすくなるか?

アルコールをグラム表示する、ということを読んだ瞬間は理解できなかった。最近、9%の酎ハイも増えコロナ禍での在宅で酒量が増えているという人もいらっしゃるよう。一部の企業では、アサヒビールからは敢えて低いアルコール度数(度数0.5%の“微アルコール”)の「ビアリー」が3月30日に発売される。酔うためでなく、飲むためのビールだそう。確かに、飲みたいけれど酔いたくないことはある。ノンアルがあるのに、微アルコールは、ほんのり酔いたい、雰囲気は味わいたいという感じだろうか? 今はアルコールをほぼ飲まない私だが、かなり飲んでいた時期、酔いすぎないようにアルコール度数の低いビール(確か3%だったと思う)を飲んでいた。だから気持ちが分からなくもない。そして、グラム表示。アルコールがグラム表示できるとは! そして、生活習慣病のリスクを高める量に男女差がかなりあることを知りました。これは身体の作り!? しかし人によってアルコール分解には差があるので、一概には言えないだろう。
厚生労働省の健康日本21におけるアルコール対策のサイトによると「2010年の基準値に比べて2022年までに生活習慣病のリスクを高める量(純アルコール換算で男性40g/日以上、女性20g/日以上)を飲酒している者の割合を15%削減すること、未成年者の飲酒と妊娠中の飲酒を2022年までにゼロにすることです」。
お酒は楽しく飲みたいもの。トラブルが起きない範囲で。ただ、何かから逃げたい時に飲みたくなる気持ちも分かってしまうのです。グラム表示は、企業によって2024年や2025年に着手されるとのことです。

ポイント
アルコールのグラム表示。健康のために量を明確に。

ニュースサイト
酒類大手、アルコールをグラム表示 摂取の目安、「適正飲酒」促す
https://www.jiji.com/jc/article?k=2021030600428&g=eco

アルコール、グラム表示へ アサヒやキリンなど 量を明確化、適正飲酒促す
https://www.nikkei.com/article/DGKKZO69595620S1A300C2TJ2000/

関連サイト
健康日本21におけるアルコール対策(厚生労働省 生活習慣病予防のための健康情報サイト)
https://www.e-healthnet.mhlw.go.jp/information/alcohol/a-06-002.html

飲酒量の単位(厚生労働省 生活習慣病予防のための健康情報サイト)
https://www.e-healthnet.mhlw.go.jp/information/alcohol/a-02-001.html

アサヒビール、アルコール0.5%の飲料「ビアリー」発売
https://www.nikkei.com/article/DGXZQODZ034FS0T00C21A3000000/

拡大するノンアル市場、アサヒが3年半かけ「0.5%」の“微”アルコールビールを開発した理由とは
https://www.oricon.co.jp/special/55918/

記事執筆:伊藤緑(広報ウーマンネット 代表)