広報気になるニュース:牛乳嫌いを救ってきたミルメーク。新たな販路と地元名古屋の学校への導入(2021.2.24)748

2021/02/24

牛乳嫌いを救ってきたミルメーク。新たな販路と地元名古屋の学校への導入

アパレル業界の希望退職が止まらない。このまま続くだろうと思っていたことが大きく変わった2020年。そして、これから。コロナ禍に限らず、時代は常に変わっている。少子化・高齢化、服の選び方、食事を楽しみ方、通販の発達。ブームや流行。マーケティングという言葉では片づけられないほど、いろんな場所で様々なことが起き、企業によって関わってく現実は違う。その時、どう変えていけるか? が企業の存続に繋がることが今、目の前にある。今日のニュースはミルメーク。子どもの頃に給食で楽しみにしていた。私は名古屋市からJRで10分ほどの一宮市出身だが、一宮市では給食で出されていた。だから、今回、名古屋市では使われていなかったことを知り驚きました。しかし、それも食品ロスの観点から、検討されることに。そして、少子化に対しては、新たな商品開発も。ミルメークの味が8種類あることわりにも驚き! 懐かしい思いで記事を読みつつ、守り続けることと同じくらい、変続けることの大切さを改めて感じています。

ポイント
コロナ禍・少子化・高齢化。変わらなければ生き残れない。

ニュースサイト
実は名古屋な「ミルメーク」 牛乳嫌いを救ってきた逸品
https://www.asahi.com/articles/ASP2M747ZP2MOIPE02P.html

関連サイト
ミルメーク 学校給食 大島食品工業 食品メーカー
https://www.milmake.com/

記事執筆:伊藤緑(広報ウーマンネット 代表)