広報気になるニュース:マーカーは貼る時代になるか? 修正テープのように根付くか!?(2020.12.8)706

2020/12/08

マーカーは貼る時代になるか? 修正テープのように根付くか!?

カンミ堂、実は初めて知りました。文具を扱う企業です。付箋といえば、ポストイットと思っているけれど、実はカンミ堂のものも使っている可能性大です。
文具は、新たな商品が生まれそれが根付くことが時にあります。リフレクションなどがその例でしょう。しかし、私はリフレクション苦手なんです。書きづらいのと、消える意味が時に不明……。病院のカルテやこれ消しちゃだめでしょ的な場で、リフレクションを渡されると不安になることもしばしば。ということで持っているけれど、買ったものよりもらったものの方が多いかな?
と、話が逸れましたが、フセンマーカー。マーカーという慣れ親しんだものに、新たな風。これは、間違った文字を消すための修正ペンが気づけば、テープ式がメインになっていたということに似ているような。液体は乾くのに時間が掛かるので、定着したのが修正テープ。100均でもたくさん売ってますしね。果たしてフセンマーカーは根付くか? 貼り直しができるのがポイントだが、リフレクションでもそれはできる。消せるから。滲むことを避けたい人には良いかも。あとは価格がこのままではキツイかな? 消耗品の文具は、すでに価格破壊していますから。個人的にドンキの10円ボールペンや30円三色ペン、結構好きです。

ポイント
文具業界に新たな商品が根付くか!?

ニュースサイト
付箋がラインマーカーに!? カンミ堂「フセンマーカー」が斬新かつ便利
https://getnavi.jp/stationery/555046/

関連サイト
株式会社カンミ堂
https://www.kanmido.co.jp/

フセンマーカー
https://www.kanmido.co.jp/products/fusenmarker.html

記事執筆:伊藤緑(広報ウーマンネット&PRラボ 代表)