広報気になるニュース:服に何を求めるか? それはやはり人の数だけある。ワークマンはどの道をいくのか?(2020.11.26)694

2020/11/26

服に何を求めるか? それはやはり人の数だけある。ワークマンはどの道をいくのか?

自宅の近くに店舗がないという理由で、いまだワークマンに行ったことがないのだが、明日ワークマンで買った服が届く。まだ届いていないのに、この記事を書くのはどうかと思うが、見てしまうと意見が変わるかもしれないので、製品をみない状態で書いておこうと思う。ご存じの通りワークマンは、作業服を扱う店舗だった。しかし、販売されている商品の機能性や丈夫さが注目され、作業服としてでなく着用する人が増え、気付けばワークマン女子という言葉も生まれた。そして、店舗も増えた。そもそも服選びの基準は人の数だけある。金銭的な問題もあるだろうが、有名ブランドが好きな人、オーダーメイドが好きな人、個性的なものが好きな人、一点モノ狙いの人、古着派、そして、シンプルさ、機能性など。あげればキリがない。そして、2020年のコロナ禍で、状況はまた変わったように思う。以前のようなパーティは行われなくなり、着飾って出かける場所も減った。自宅でもブランドの服を切ることでテンションを上げる人もいるかもしれないが、個人的には機能性重視に大きく変わった。これまでブランドに興味を持ったことはないが、個性的な一点モノ狙いだった時期はある。しかし、今は毎日洗濯できること。他の服と合わせやすいこと。自分にとって価格が手ごろであることが選択の理由だ。そこに、ひとつだけ何かをいれるとしたら、1点くらいは色が尖ったもの。これは自分の意思表示としてほしい、と思っている。実際、今はほぼ同じような服(色違いを含む)を複数用意し、着まわしているのが現実だし、それが便利だと感じ始めた。女性なのに、と思われるかもしれないが、服を選ぶ時間が惜しいと思うこともある。靴もお気に入りを見つけたので、同じものを複数買おうと思っている。もちろん、特別な場や、TPOが問われる場にはそれに合わせた服や靴を選ぶが、日常の仕事ではやはり機能性だ、何より動きやすさ。これからの季節は保温性も。こんな選択理由の人がどのくらいいるか分からないが、コロナ禍で高級ブランドが厳しい状態になっているのも現実。何を選び何を着るか? もともと、ブランド名に頼りたくない思いが強いので、機能性重視でも“私らしい”と言われる服選びをしたいものだ。それがおそらく毎日の気持ちを上げてくれる。さて、明日届くワークマンは、どんな感情を私に与えてくれるか?

ポイント
服選びに何を重視するか? コロナ禍は服選びの何を変えたか?

ニュースサイト
「ワークマン女子」のヒットは続くか?服を部品と見なすユニクロとの違い
https://diamond.jp/articles/-/255257

関連サイト
SNSで話題!ワークマン女子に人気・対応アイテムをピックアップ
https://workman.jp/shop/e/ewmjoshi/

#ワークマン女子 コレットマーレ店 | ワークマン公式サイト
https://www.workman.co.jp/store/%23%E3%83%AF%E3%83%BC%E3%82%AF%E3%83%9E%E3%83%B3%E5%A5%B3%E5%AD%90%E3%82%B3%E3%83%AC%E3%83%83%E3%83%88%E3%83%9E%E3%83%BC%E3%83%AC%E5%BA%97

ワークマン公式サイト
https://www.workman.co.jp/

記事執筆:伊藤緑(広報ウーマンネット 代表)