広報気になるニュース:ポスト・イットは失敗から生まれたヒット商品。在宅勤務になり、オフィスユースからの変化も。(2020.10.18)665

2020/10/18

ポスト・イットは失敗から生まれたヒット商品。在宅勤務になり、オフィスユースからの変化も

「失敗は成功の元」「失敗は成功の母」という言葉があるにも関わらず、今は失敗を許さない風潮。犯罪になるような失敗は別として、失敗から学ぶことは大きい。しかし、一度失敗した人に押される落胤は大きい。
そんななかのこのニュース。今では100均でも買える「付箋」。様々な企業が発売しているが、もともとは3Mのポスト・イット(R)。それも、最初は失敗商品だったとか。このような、制作ストーリーは広報的にも紹介されやすい。
新しいものが生まれるとき、失敗はつきものですし、それでも諦めない姿勢や、失敗と言われたものはどうヒット商品に変えたか? は特集が組まれるほど。
失敗したと思って放置しているものにお宝があるかもしれません。
ちなみに、日本に輸入されたのは、1981年とあります。私が最初に働いた会社ではまだ付箋がなく(何時代の人かと思われそうですが)、紙に印をつけるのに虫ピンを使っていました。付箋が使えるようになったときは、まさに「神(紙)」でした。虫ピンがいつも引きだしに入っている。そんな時代を知っている人も少なくなったんだろうな。

ポイント
ポスト・イットに感謝する世代として。失敗から生まれた素晴らしき商品

ニュースサイト
「過ちは重要ではない」 奇妙な接着剤から生まれたポスト・イット(R)製品開発物語
https://media.moneyforward.com/articles/5465?af=gallery

関連サイト
ポスト・イット(R)ブランド
https://www.post-it.jp/3M/ja_JP/post-it-jp/

3M|3Mジャパングループ
https://www.3m.com/

コネクトディスペンサー/ホルダー – 3M
https://multimedia.3m.com/mws/media/1844292O/news-release-20200527.pdf

記事執筆:伊藤緑(広報ウーマンネット 代表)