広報気になるニュース:ビニ傘に変化。オーロラビニール傘は2,200円で、人気商品。ビニ傘忘れモノ問題も解決したい(2020.10.17)664

2020/10/17

ビニ傘に変化。オーロラビニール傘は2,200円で、人気商品。ビニ傘忘れモノ問題も解決したい

透明をオーロラに変えたら、捨てられないビニール傘になるか? その点が気になるニュースです。価格も通常のビニール傘よりは高い2,200円。今は1000円で普通の傘が変える時代、敢えてこのオーロラビニール傘を選んで買っている人がいるということです。
ビニ傘とは呼べない傘は、アーティストのグッズやMVにも登場し、ファンの購入希望もあり品薄状態。
雨の日に持ち歩く傘として新たなポジションをキープしているようですが、安易に捨てないことが望まれます。
名古屋市交通局では忘れもの傘が急増し、保管期間を3ヶ月から1ヶ月に変更したというニュースが出ています。安い傘は取りにいかない人も多い。使い捨て感覚になってしまっている。その場しのぎの傘よりも、自分の傘という誇りが、忘れモノにしないひとつの理由になるのかもしれない。

ポイント
2,200円は、すぐに捨てないビニール傘になるか?

ニュースサイト
驚異の1万本完売「オーロラビニール傘」 人気グループがツアーグッズやジャケット写真にも採用
https://maidonanews.jp/article/13814167

関連サイト
ワールドパーティー
https://www.worldparty.co.jp/

オーロラビニール傘
https://item.rakuten.co.jp/wpc-worldparty/rib-2001/

忘れ物の傘急増、保管3カ月→1カ月に 名古屋市交通局
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO60829060W0A620C2CN8000/

記事執筆:伊藤緑(広報ウーマンネット 代表)