広報気になるニュース:寺とホテルの融合。老朽化した寺の新たな取り組み(2020.9.17)634

2020/09/17

寺とホテルの融合。老朽化した寺の新たな取り組み

京都に9月28日にOPEBするホテルの名は、「三井ガーデンホテル京都河原町浄教寺」。ホテル内に寺院があるというこれまでにないスタイルだ。
多くの寺が老朽化の問題を抱え、どう残していくかを模索している。そんななかひとつの形として、生まれたのがこのホテル。朝食では、朝のお勤めの参加すれば、御朱印がいただける。また、ホテル内には、浄教寺の歴史ある装飾や美術品があり、浄土宗の精進料理をイメージした朝ご飯が楽しめる。
常識を変えていくことがこれからの時代、必要なことかもしれない。寺に足を運ばない人にとっても、宿泊先に寺があれば、身近に感じることになるだろう。

ポイント
変わる時代に残すべきものの残し方。

ニュースサイト
570年の歴史あるお寺が…「ホテルの中」に ”老朽化”した寺院再生の新たなモデルに?
https://www.fnn.jp/articles/-/85653

関連サイト
【公式】三井ガーデンホテル京都河原町浄教寺
https://www.gardenhotels.co.jp/kyoto-kawaramachi-jokyoji/

記事執筆:伊藤緑(広報ウーマンネット 代表)