広報気になるニュース:別の目的でつけた機能が注目!そこに焦点を当て販売。換気機能付きダイキン工業の「うるさらX」(2020.9.13)630

2020/09/13

別の目的でつけた機能が注目!そこに焦点を当て販売。換気機能付きダイキン工業の「うるさらX」

33年前、ダイキン工業に入社する可能性もあった、ことを思い出す。なぜ、面接を受けなかったのか、いや、受けたのか? もう思い出せないけれど。書類が受かって、そこからの記憶がない。記憶違いもあるだろう。ただ、筆記試験会場の景色は明確に覚えている。
そんなダイキン工業のエアコンが注目されている。これはコロナ禍になったときから、業界で唯一の換気機能付きエアコンとして、私もニュースなどを目にしていて、あのときの会社だ、と思っていた。
しかし、そもそも換気機能はメイン機能ではなかったというニュース。状況が変われば、必要とされる機能も変わる。そして、訴求すべきは必要とされる点をいかにフューチャーするか? 宣伝でも広報でも。それにより売上が上がる。それにより購入者の生活が良くなる。19年前には、なんでその機能を付けるのか? と言われたかもしれない機能。人も商品も、注目されるタイミングはどこかにある。それをつかめるかどうかだ。

ポイント
状況により、必要とされる機能。今必要な換気。

ニュースサイト
19年前からの「おまけ」機能だった ダイキンの換気エアコンに再び脚光
https://www.sankeibiz.jp/business/news/200912/bsc2009120840001-n1.htm

関連サイト
ダイキン工業株式会社
https://www.daikin.co.jp/

記事執筆:伊藤緑(広報ウーマンネット 代表)