広報気になるニュース:JR東日本「大崎駅」のキャラクター「おうさき」。悲しそうな自虐キャラで話題(2020.9.10)627

2020/09/10

JR東日本「大崎駅」のキャラクター「おうさき」。悲しそうな自虐キャラで話題

「くまもん」や「ふなっしー」など、キャラクターが大ブレイクすることがある。それによって、その土地が多くの人に知られるきっかけになる。これはまさに広報的な動き。今日のニュースは、JR東日本の大崎駅の新キャラクター「おうさき」について。大崎駅の「おおさき」から「おうさき」でうさぎのキャラクターです。山手線を使う方は時々出会う「大崎止まり」の周回しない電車に「えっ!」と思うこともあると思います。これは車庫に帰るんですね。終電間近には、大崎止まりが走っています。そして、このキャラクターは、「大崎には何もない」と自虐的。確かに以前は大崎駅ってあまり栄えていないイメージでしたが、今は、シティーゲート大崎や大崎ニューシティなどがあり、飲食店や店舗があります。企業も増えたと思います。先日紹介した、トリックアートがある喫煙所も大崎駅。
キャラクターは元気いっぱいでその場所や土地を応援するというイメージがあるが、この「おうさき」は、ちょっと哀愁があるところが、応援したという気持ちにさせる。これも広報の力だろうか。

ポイント
キャラクターは、元気いっぱいなだけじゃない。哀愁が話題

ニュースサイト
「大崎ってなにもない」「大崎止まりの山手線はいらない」…… JR大崎駅に悲しみを一人で背負いすぎてしまった新キャラ誕生 (1/2) 「大崎止まりいらんとか言ってごめんね……」。
https://nlab.itmedia.co.jp/nl/articles/2009/09/news093.html

関連サイト
JR東日本:駅構内図(大崎駅)
https://www.jreast.co.jp/estation/stations/319.html

大崎に加熱式たばこ専用喫煙所 トリックアートで3密回避促す
https://shinagawa.keizai.biz/headline/3619/

記事執筆:伊藤緑(広報ウーマンネット 代表)