広報気になるニュース:戸籍上の文字と別の文字に。旧字体はすべて新字体になってしまうのか?(2020.9.6)623

2020/09/06

戸籍上の文字と別の文字に。旧字体はすべて新字体になってしまうのか?

ライターの仕事をしていると、人の名前の表記には人一倍注意することになる。特に渡辺さんの「辺」は、いくつかあるるし、斉藤さんの「斉」もいくつかある。そして、高橋 さんの「高」。しかし、梯子の高はネット上では表示されない。山崎さんの「崎」の大きいの部分が立の文字も表示されない。ニュースサイトなどでは、本文中やニュースの最後に注釈が入っている。基本、人の名前は戸籍上の名前で、と考えていた。しかし、このニュースの筆者である、朝日新聞の田辺さんは、本来の「邉」が「辺」として名刺を作ることが会社のルールだったとのこと。ご本人の戸惑いもありますし、受け手の印象もかなり違います。漢字が、新字体に置き換わっていくことは、漢字に込められた歴史が消えていくように淋しさを感じます。しかし、分かりやすさを重視するという意見もあるようです。
ドラマ『未解決の女 警視庁文書捜査官』では、「文字の神様が降りてきた」が、決めセリフとして使われていましたが、まさにそれを感じるためには、本来の文字でないと難しいような。
新しく1000円札の顔になる、渋沢栄一氏も、澁、澤、榮 という文字が使われていたそうです。しかし、お札に印刷される文字は、「渋沢栄一」という新字体。
これから日本の漢字は、すべて新字体になってしまうのか?

ポイント
ネット上で表示されない旧字も。文字が平易になっていいのか?

ニュースサイト
坂本龍馬?竜馬?校閲のプロも悩む表記「一筋縄ではいかない」難しさ
教科書では「龍→竜→龍」変遷も…
https://withnews.jp/article/f0200904000qq000000000000000W0c510101qq000021663A

関連サイト
土佐の人物伝 ~坂本龍馬~
http://www.tosa-jin.com/sakamoto/sakamoto.htm

旧字体・新字体対照表 – みんなの知識 ちょっと便利帳
https://www.benricho.org/moji_conv/14_shin_kyu_kanji.html

木曜ドラマ『未解決の女 警視庁文書捜査官』|テレビ朝日
https://www.tv-asahi.co.jp/mikaiketsu02/

記事執筆:伊藤緑(広報ウーマンネット 代表)