広報気になるニュース:通販現場に小型の自動搬送ロボット。オルビス来月から導入(2020.8.25)611

2020/08/25

通販現場に小型の自動搬送ロボット。オルビス来月から導入

コロナ禍で通販の現場は、おそらく以前より増して忙しいだろう。通販はある時から当たり前に生活に入ってきた。朝、ポチっとボタンを押すだけで、その日の夕方に商品が届いたりする。実は、私自身、某企業のピッキングの現場で仕事をしたことがあり、運送業の仕分けの仕事も経験したことがある。働いた理由は、なぜこんなに早くモノが届くのか知りたかったや、その仕組みを知りたかったこともある。
今回のニュースは、自動搬送ロボットが通販の現場を支えるというもの。正直、倉庫の仕事は運動量がハンパない。特に忙しい時期は、仕事に追われることもあるだろう。現場での突然死を扱ったレポートを書かれている方もいる。次から次へと入る注文の商品を揃えていく作業は、限界が見えなくなる仕事でもあると感じことがある。もっと早く、もっと早くということが望まれている場合もある。
ただ、購入した側が、朝注文し夕方に必要だと思っているかは時に疑問だ。
しかし、いずれにしても、人が行うことで危険がある仕事のひとつにロボットが入ることは、正しいロボットの使い方かもしれないと感じている。

ポイント
通販の現場はコロナ禍で拡大。小型ロボットの力を

ニュースサイト
オルビス、無人搬送車330台導入 コロナ下の通販拡大で
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO62984760U0A820C2TJ1000/

オルビス、埼玉の通販物流拠点にAGV330台導入
https://www.logi-today.com/393180

関連サイト
オルビス、通販向け出荷ラインに無人搬送ロボットを導入し自動化促進
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000375.000002061.html

記事執筆:伊藤緑(広報ウーマンネット 代表)