広報気になるニュース:ゆっくりと進むペーパーレスと、個人的に変われない部分。通帳が1100円(2020.8.22)608

2020/08/22

ゆっくりと進むペーパーレスと、個人的に変われない部分。通帳が1100円

ここ数年でいくつかのものがペーパーレスになりました。給与明細や著作権利用料計算書やカードの明細書など。これまで郵送だったものが、メールで届きPDFで保存。実際には、税理士さんとのやり取りで裏紙印刷も必要になりますが、自分用の保存としては場所を取らないことがとても便利です。ただ、ネットバンク以外の銀行は、どうしても通帳と付き合っています。というのも、いろいろ不具合が続いたためです。
世代的なものですが、スマフォでは文章が書けません。PCなんです。歌詞に至っては、手書きから始まります。文章の推敲も私には印刷が必須です。画面上では見落とすことが多いことと、校正を入れられないため。
エコを理解しつつもできないことがある自分。新規の口座に対する通帳発行に1100円。微妙な金額です。今は口座も簡単に作れないので、作る予定もないですが。
今後、より進むペーパーレスにうまくついていかなければ。
と思いつつ、私のデスクには書き散らかした紙が散乱しています。スマフォをメモ代わりにできない人間です。

ポイント
メモは、手書きかデジタルか?

ニュースサイト
みずほ、通帳発行に手数料1100円…来年から新規の70歳未満にデジタル移行促す
https://www.yomiuri.co.jp/economy/20200821-OYT1T50088/

関連サイト
みずほ銀行
https://www.mizuhobank.co.jp/index.html

「通帳レス」・「印鑑レス」・「ペーパレス」を軸とした 「デジタル・リモートサービス」の拡充および手数料改定について
https://www.mizuhobank.co.jp/release/pdf/20200821release_jp.pdf

本質に切り込む!いまさら聞けないペーパーレスとは?
https://workstyle.ricoh.co.jp/article/paperless.html

記事執筆:伊藤緑(広報ウーマンネット 代表)