広報気になるニュース:飲食店の副業。商品・製品の展示会場として場。カタルスペース(2020.8.8)594

2020/08/08

飲食店の副業。商品・製品の展示会場として場。カタルスペース

厳しい状況にある飲食店の副業として、展示会の場としての利用をマッチングするカタルスペース。世の中には、商品を知らせたいと思っている企業がある。また手作り作家も多い。個人で展示会を行うと、知っている人しか来ない、ということが起こるが、飲食店であれば、食事に来た人の目にも触れる可能性がある。商品を提供する側のイメージやターゲットと合う店舗を選び、そこに展示する。販売する。これは、互いにWin-Winだろう。飲食店の場を使った副業。場所への価値は高い。今はソーシャルディスタンスが要求されているので、空間はいつもより空いている。そこにマッチした商品が置けば店舗イメージも上がるかもしれない。

ポイント
飲食店の副業。ソーシャルディスタンスを有効に使える商品展示かもしれない。

ニュースサイト
【コロナに勝つ! ニッポンの会社】コロナ禍の飲食店にテイクアウトでない「副業」を紹介「カタルスペース」推進で東京ガスと提携
https://www.j-cast.com/kaisha/2020/08/07391617.html

関連サイト
製造業者と店舗をつなぐプラットフォーム – CATALU「カタルスペース」
https://catalu.jp/

東京ガス
https://www.tokyo-gas.co.jp/

記事執筆:伊藤緑(広報ウーマンネット 代表)