広報気になるニュース:マスクは生活の一部になり、服に合わせて選べるように、しかし機能も大切(2020.7.20)575

2020/07/20

マスクは生活の一部になり、服に合わせて選べるように、しかし機能も大切

人は、一時的に使うものに対しては形を気にしないが、日常的に使うようになると自分らしさを求めるという。まさにマスクがそうだ。3ヶ月前には、品薄でどんな形でさば、ないと困る状態だったが、今は多くの企業がマスクの制作販売を始め、布マスクや新たな素材でのマスクも登場している。色や形も様々だ。しかし、機能面からみれば不織布マスクが良いよう。
若い世代のなかには、もともとマスクをする習慣があった人たちもいるが、大人たちには少ない。そんななかで、何を選ぶか? 個人的には、ファッション性より機能性なので、不織布マスクを使っている。ただ、最近メガネくもりが押さえられるので、不織布の薄い水色のマスクをしていたりもする。これは電車に乗るときなど、自分と他人をより守りたいとき。
色を選ぶときには、似合う色として水色を選んだが、熱中症の観点からは黒は選ばない方が良いようだ。涼しさを謳うマスクはたくさん出ているが、色の影響は確かにありそうだ。ファッション性やブランド名で購入する人もだろうけれど、そもそもマスクをする理由は、飛沫防止。防止の機能が低いものは個人的には「???」と思ってしまう。

ポイント
マスクは、機能とファッション性

ニュースサイト
そのマスク、危険かも?!「マスク熱中症」リスクが一番低い素材とは?
https://mag.wowma.jp/2636/

関連サイト
「新しい生活様式」における熱中症予防行動のポイントをまとめました
https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000121431_coronanettyuu.html

記事執筆:伊藤緑(広報ウーマンネット 代表)