広報気になるニュース:「マスク依存症」。必要に迫られたものが依存になる可能性。依存の怖さ(2020.7.5)560

2020/07/05

「マスク依存症」。必要に迫られたものが依存になる可能性。依存の怖さ

依存症と聞くと、特別な人がなるように思う方もいるだろう。しかし、今日取り上げるニュースは、「マスク依存症」。コロナ禍で、マスクをしなければならない状態が続く日々。これまでマスクをする習慣がなかった人も、マスクをすることに慣れざるを得ない。正直、私もマスクをする習慣はなく、数年前に買ったマスクが残っていたという人間。しかし、約3ヶ月マスクをつけて外出することが続き、いつか習慣になった。そして、顔を隠せることで、メイクをしなくて良いという利点を見つけてしまった。しかし、今のところ、マスクをしなくていいならしたくない、と思えているが、マスクの楽さも知ってしまった状態だ。そして、マスク依存症はマスクを辞めてみないと分からないから怖い。
コミュニケーションが苦手な人にとっては、2010年頃から、マスクで顔を隠す、表情を隠すことが、「風邪気味なので」の一言でできるようになった。実は、もう10年も前からあつものなのだ。コロナ禍が去るのはいつか分からない。マスクをせずに生活する日がいつ来るのか分からない。その日に向けて整形をしている人もいると聞く。しかし、マスク依存症という、“社交不安障害などの精神的な問題”を芽生えさせてしまう場合もある。
そうなると治療が必要になる。簡単なことではないようだ。

ポイント
しなければならないマスクが、依存になる可能性がある。

ニュースサイト
コロナ第2波の裏で密かに危険視される「マスク依存症」の恐怖
https://gentosha-go.com/articles/-/27685

顔をさらすのが怖い…1億総マスク依存症を精神科医が懸念
https://hc.nikkan-gendai.com/articles/274145

関連サイト
依存症についてもっと知りたい方へ |厚生労働省
https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000149274.html

「依存症という病気」について|特定非営利活動法人アスク
https://www.ask.or.jp/article/490

依存症とは |依存症回復支援ワンネスグループ
https://oneness-g.com/depe/

記事執筆:伊藤緑(広報ウーマンネット 代表)