広報気になるニュース:「好きを仕事に」。こだわり過ぎて迷子になる人たち(2020.5.31)525

2020/05/31

「好きを仕事に」。こだわり過ぎて迷子になる人たち

ついに、このような記事を書いてくれる人が現れた、と思って嬉しい限りです。私自身、好きを仕事にした人間なのですが、好きを仕事にしたあとの大変さを感じています。そして、好きを仕事にする場合、好きなものを探すという過程がないくらい無意識にやっているくらいのことでないと無理だと思います。
SNSの発達で、周りがキラキラした人ばかりに見えてしまうことがあるでしょう。しかし、SNSをやっているのは限られた人。またキラキラを見せたい人、キラキラであることを承認してもらわないと生きていけない実は弱い人だったりします。これは私の勝手な考えですが。多くの方は、SNSをせず、仕事だけでなく生き方を考えて仕事をしています。仕事がすべてではありません。優先順位は自分で決めればいいのです。
女性誌やSNSや輝く女性たちの言葉に惑わされてしまわないように、自分の道を生きればいいのです。そして、無理探した好きは、本当に好きなものではなく、他者承認をされたいためだけのものなのです。
そして、「「好きなことを仕事にしたい人」が、実は“どんな仕事も好きになれない”ワケ」という記事も見つけました。
仕事は、他人の目を意識して行うものではありません。他人に自慢するものでもありません。そして、仕事に対する考え方は、人それぞれです。メディアやSNSに惑わされないように、と思います。

ポイント
ちょっと好きくらいな仕事にすると、嫌いになる。実はずっとそう思っています。

ニュースサイト
「好きを仕事に」こだわらない方がうまくいく、今読むべき心の備え
https://www.businessinsider.jp/post-213626

関連サイト
「好きなことを仕事にしたい人」が、実は“どんな仕事も好きになれない”ワケ
https://r25.jp/article/756426552635491657

記事執筆:伊藤緑(広報ウーマンネット 代表)