広報気になるニュース:「withマスクの夏」。この夏をどう乗り切るか?今年は暑いの?気になります(2020.5.25)519

2020/05/25

「withマスクの夏」。この夏をどう乗り切るか?今年は暑いの?気になります

夏が来る。今年は暑いのか涼しいのか? 猛暑という言葉が生まれたのは2007年。35度を超えると猛暑という。それまでは、35度を超えることは、あまりなかったということ。これは地球温暖化の問題。SDGsでも、一人ひとりの活動が問われている。私が子供の頃は、30度超えただけで、すごい! って言っていた記憶ですから。
そんな予想できない夏が、やってくる。そして、私たちはマスクをしている。怖い!!! 10代、20代前半世代は、マスク文化があるようだけれど、50代の私にはマスク文化はない。今回のコロナ禍でも数年前に買っていた箱マスクがほぼ使ってなくて助かったというくらい……。そして、いただきもののマスクも全部救急箱に入っていたので、それを使いました。そんなマスクに慣れない私(きっとお仲間がいるでしょう)はこの夏を、マスクと共にどう生き抜くのか? それを解決するのも企業からの提案でしょう。個人の手作りマスクでは追い付かない、画期的なもの。ちゃんとウイルスから守り、飛沫を防御し、蒸れない呼吸が苦しくない、スペシャルなものを安価でお願いしたい。そして、購入しやすいシステムを。
ユニクロがついに、マスクに向けて動き始めました。確かにエアリズム。インナーで使わせていただたおります。
今は、それぞれの企業が自社の強みを新たな側面にも使って、世の中を少しでも快適にしていくとき。そんな社会問題を解決するニュースは、広報としてはきちんとリリースを。

ポイント
withマスクの夏が来る。

ニュースサイト
「全人類が経験ない夏」へ マスク、熱中症のリスクにも
https://www.asahi.com/articles/ASN5R6CYJN5HUTIL06N.html

関連サイト
10分で完売した夏用マスク 「この速度で売れるとは」
https://www.asahi.com/articles/ASN5N35X6N5GUTIL00T.html

ユニクロ、夏でも蒸れないマスク販売へ 販売競争が激化
https://www.asahi.com/articles/ASN5S5RDBN5SULFA001.html

記事執筆:伊藤緑(広報ウーマンネット 代表)