広報気になるニュース:「消毒用アルコールへ」サントリーの決断(2020.5.13)507

2020/05/13

「消毒用アルコールへ」サントリーの決断

「有事に何を行うか? 自社の利益だけを優先しない」。今、企業の姿勢が注目されている。経済を回すことは必要で、しかし、その前に命を守ることが優先される。多くの医療関係者は疲弊している。モノが足りない、というもっとも基本的な部分が補填されない限り、医療関係者に限界が来てしまう。その状況になれば、助かる命が助からない。サントリーが、売上好調のチューハイを休売を決め、消毒用アルコールへ転用するというニュース。この他、キリン、アサヒも、茨城県の木内酒造(常陸野ネストビールの会社)と組んでビールを消毒用に回している。企業や人が持ち寄る思いが、この危機を乗り切る一歩になる。

ポイント
売れ行き好調でも、社会のために決断する企業

ニュースサイト
サントリー「絶好調のチューハイ」休売する事情 数量不足が深刻な消毒用アルコールへ転用
https://toyokeizai.net/articles/-/348507

関連サイト
医療機関向け消毒用アルコールの提供について
https://www.suntory.co.jp/news/article/13704.html

新型コロナウイルス感染症拡大に対するサントリーグループの社会貢献
https://www.suntory.co.jp/company/csr/highlight/202004/?fromid=top

木内酒造合資会社
https://kodawari.cc/

記事執筆:伊藤緑(広報ウーマンネット 代表)