広報気になるニュース:「キラーストレス」ストレスでも命を落としてしまう。自分をストレスから守る(2020.5.10)504

2020/05/10

「キラーストレス」ストレスでも命を落としてしまう。自分をストレスから守る

コロナは怖い。しかし、ストレスも怖い。キラーストレスという言葉が出てきました。自らを攻撃してしまうストレス。キラーは、英語の殺人を意味するKill。怖い言葉です。自粛が始まり、少しずつ蓄積されていたストレス。当初は、あまり意識していなかったかもしれないが、それが爆発するときがある。それを防ぐために何をするかは、人によって違う。だからといって、外出して遊ぶことは今はできない。
自分にとって何が必要かを知っているのは、自分だけなのだけど、経験のないことなので、分からない人がほとんどだ。
過去に心が崩壊し、それを時間をかけて治し、自らが対処法を知っている人は、もしかしたら事前に対応しているかもしれない。実は、私もその一人。当初からコロナ鬱になることを分っていたし、壊れた心では自宅仕事もできず、PCやスマフォも見られなくなる。これが私の症状。なので、始めていたバイトに救われました。それでも、ストレスは溜まります。今の状況に今できることで何が自分にとってストレスを減らすモノになるか、を個人が考えなければ、違う意味で命を落としてしまいます。それ以前に、ストレスは免疫力を下げると言われています。心を甘くみないでくださいね。
命あっての仕事ですから。
そして、エコノミー症候群への注意喚起も出ています。

ポイント
本当に必要なものが分かるとき。

ニュースサイト
人命を奪う「キラーストレス」とは何か? NHKスペシャルから学ぶ、体を蝕むストレスの正体(1)
https://nlab.itmedia.co.jp/research/articles/15117/

関連サイト
NHKスペシャル「シリーズ キラーストレス」
https://www.nhk.or.jp/special/stress/

コロナで自宅療養・在宅勤務  エコノミー症候群に注意
https://www.asahi.com/articles/ASN593Q9NN58UOHB003.html

記事執筆:伊藤緑(広報ウーマンネット 代表)