広報気になるニュース:「スーパーのヒーロー」アメリカではヒーローボーナス(2020.4.10)474

2020/04/10

「スーパーのヒーロー」アメリカではヒーローボーナス

緊急事態宣言が発令され、これまで通勤としていた企業も休業や在宅になったようで、都内の鉄道は6割減というニュースが出ていました。しかし、それでも休めない仕事はたくさんあります。アメリカのこのニュース。アメリカらしい。そして、日本では? と考えてしまいます。収益が減るなか、おそらくスーパーによっては売上を上げている企業もあるはず。自宅での食事が増え、食材は必須なものだから。だからこそ、そこで働く人にも何か形を、と思っている。先日、noteに「危険手当的なものはないか?」と書きましたが、まさにそれがこれでした。お金で解決する問題ではないですし、働く人の良心に頼っている部分が多いです。スーパーで働く人は、なんとなく選んだパートやバイトだったかもしれません。危険を察知して辞めた人もいるでしょう。学生アルバイトは親が辞めさせるケースもあると聞きます。だけど、みんなが辞めてしまったら、小池都知事がおっしゃる、「食料品店は営業」ができなくなります。そんな人たちがいることを、ぜひ知ってほしい。仕事があるからいいじゃん!ではなく、危険と隣合わせで働いていることを。
セブンイレブンは、透明のコロナシールドをスタートしたそうだ。従業員を守ることは企業の義務である。

ポイント
今、働く人は皆危険と隣合わせ。その保証をお願いしたい。

ニュースサイト
米大手スーパー、コロナ最前線で“戦う”従業員に「ヒーローボーナス」を支給
https://courrier.jp/news/archives/196454/

関連サイト
クローガー(Kroger)米スーパー
https://www.thekrogerco.com/

レジに「コロナシールド」も…大手コンビニ、感染防止と営業継続に苦心
https://www.businessinsider.jp/post-210904

セブンイレブン/「感染防止策」間仕切り設置、レジ待ち間隔確保
https://www.ryutsuu.biz/strategy/m040850.html

「新型コロナ」怖くて仕事辞めました 通勤や業務中に感染したくない
https://www.j-cast.com/trend/2020/02/27380790.html?p=all

明日、緊急事態宣言発令。食品や医薬品、衛生用品、燃料など医療や生活必需品の販売従事者への政府からの危険手当的なものはあるんでしょうか?
https://note.com/midori_ito/n/n588dbd1d8565

記事執筆:伊藤緑(広報ウーマンネット 代表)