広報気になるニュース:「ウォルマートとAmazon」今必要な仕事は?生活を支えてくれている人たち。仏ではレジ係英雄化(2020.4.4)468

2020/04/04

「ウォルマートとAmazon」今必要な仕事は?生活を支えてくれている人たち。仏ではレジ係英雄化

今年度、新たに社会人になった人たちのなかには、出社日が先になった企業もあるよう。また、例年のような入社式は行われなかった。そして、すでに来年度のエントリーが始まっている。学生たちは自身が希望する企業へのアプローチをするわけだが、企業がテレワーク状態というところもあるようで、就職活動への影響もありそう。そんななか、この状況で本当に必要とされている職種がいくつかある。医療関係はもちろんだが、食料品を扱う仕事。それらやモノを届ける仕事。これらは、人が生きていくうえで休むことがない。いずれも、身体を使う仕事で、もしかしたら敬遠してきた方々もいるかもしれないが、非正規雇用者が解雇されてしまう今、ウォルマートとAmazonが、雇用促進を行っている。もちろん、働く側もテレワークではないので、出勤時の危険性や、これまで経験のない仕事へのチャレンジということもあるが、これらの仕事は、もしかしたら見直されるのかもしれない。
フランスで「レジ係が英雄」というニュースも出ているが、働いている人たちは、それよりも今目の前のことをしているというのが現実だろう。仕事を選ぶことができる日本の自由さ。何が必要とされているかの現実。改めてで考えることになる。

ポイント
どんなときも必要とされる仕事が、見直されることを祈る

ニュースサイト
ウォルマート15万人、アマゾン10万人…コロナウイルス経済下で雇用を大きく増やす
https://www.businessinsider.jp/post-210419

関連サイト
ウォルマート・ジャパン
https://www.tv-tokyo.co.jp/

アマゾン: Amazon | 本, ファッション, 家電から食品まで
https://www.amazon.co.jp/

ロックダウンのフランスで「レジ係が英雄」に…でも、それでいいの?
https://gendai.ismedia.jp/articles/-/71550

仏でレジ係が「ヒーロー化」 働かざるをえない社会の「階層」
https://news.livedoor.com/article/detail/18058146/

記事執筆:伊藤緑(広報ウーマンネット 代表)