広報気になるニュース:「名古屋市栄広場」36階建ての商業施設2024年オープン(2020.3.26)459

2020/03/26

「名古屋市栄広場」36階建ての商業施設2024年オープン

恵比寿の三越が2021年にも閉店するニュースに、2019年9月に伊勢丹府中店と伊勢丹相模原店、2020年3月22日には新潟三越を閉店したということを知った。そんななかだが、地方都市は元気だ。名古屋は私の故郷(正しくは、私は一宮市出身だが、名古屋で8年働いいていた)だから、余計に気になってしまったニュース。私が名古屋で働いていた頃、1087~1995年は、名古屋のメインは名古屋駅周辺より、栄という名古屋駅から地下鉄で2駅の場所だった。テレビ塔があり、当時最大面積と言われた松坂屋があり、4Mと言われた百貨店の3店舗(松坂屋、三越、丸栄)があった。私自身の就職の際、栄で働きたいというミーハーな気持ちがあった。しかし、2000年3月に名古屋駅にツインタワーが建ち、髙島屋が名古屋に上陸した。2007年3月には、名古屋駅の向かい側にミッドランドスクエアという商業施設がオープンした。名古屋には、それまで様々なブランドが入ったこのタイプの商業施設はなかったと思う。個人的に、表参道ヒルズに雰囲気が似ていると感じている。ミッドランドスクエアは、一時期奇跡の施設とも言われており、東京であればあちこち行かなければならないが、ミッドランドスクエアでは、欲しいブランドすべて行けるといわれたほど。もちろん、その間も栄地区でも新たなことは起きていたが、ここまで目立ったことはなかったように感じる(名古屋に住んでいないので、感覚でしかないが)。ここにきて、2024年に開業する36階建ての施設。まずその高さが栄にはない建物になるだろう。百貨店以外に映画館やホテルなども入る施設は、名古屋駅に向いていた客を栄に取り戻せるか? というところだろう。東京郊外や地方都市での百貨店閉店のニュースもあるなか、名古屋が歩む進化を見ていきたい。

ポイント
名古屋・栄に36階ビル。栄に元気が戻るか?

ニュースサイト
三菱地所等のグループに決定…名古屋・栄『栄広場』含む地区の再開発 地上36階建ての高層ビルに
https://www.tokai-tv.com/tokainews/article.php?i=120410&date=20200324

関連サイト
大丸松坂屋百貨店/名古屋・栄地区に商業施設を2024年オープン
https://www.ryutsuu.biz/store/l012312.html

栄広場再開発計画 (名古屋市と大丸松坂屋百貨店が基本合意へ)
https://skyscraper-urban-development-institute.com/blog-entry-2837.html

三越恵比寿店が閉店と一部報道 都心店舗にもメス入れへ
https://www.wwdjapan.com/articles/1063291

記事執筆:伊藤緑(広報ウーマンネット 代表)