広報気になるニュース:「茨城空港」海外認知のために、Tokyoという文字を愛称に使うか?(2020.3.25)458

2020/03/25

「茨城空港」海外認知のために、Tokyoという文字を愛称に使うか?

東京駅から高速バスで1時間40分ほどの場所にある茨城空港。国内の方でもご存じない方がいるのではないでしょうか? 私は、2012年から茨城県の仕事をした関係で、存在は知っています。そして、LCCなどをうまく使えば、成田からよりかなり安価で海外に行けることも。ただ、今は海外に行く時期ではないですが……。この茨城空港、この3月で10周年を迎えるとのこと。10年も経っていたのか、と驚き。
海外での知名度アップのために愛称ををいうニュース。候補を見ると、東京の代わりに使ってもらうという意図が感じられる。確かに成田へ行く時間をそんなに変わらないのかもしれない。6候補があげられており、Tokyo・Ibaraki International への関心が一番高いようだ。確かに、海外の方からみれば茨城はどこにあって、どこに行くのに便利なのか分からない。そこで、Tokyoという文字をいれるわけだろう。成田空港も千葉にあるが、1978年には新東京国際空港として開港した。認知アップのために使われる東京という言葉。千葉にあっても東京ディズニーランドという例もある。
茨城空港も認知されれば、Tokyoをはずす意向があるという。しかし、今回のニュースで、茨城空港の正式名称が、百里飛行場であり、もともとは 防衛省・航空自衛隊が管理する飛行場であったことを始めて知った。確かに、急に空港を作る土地が生まれるわけでもないと考えれば納得だ。

ポイント
海外向けの認知度アップ。Tokyoという文字を使うのか、茨城空港

ニュースサイト
茨城空港愛称「海外向けに新設を」 国内向け変更なし
https://ibarakinews.jp/news/newsdetail.php?f_jun=15850560461697

関連サイト
茨城空港 | 茨城空港の公式ホームページです。
http://www.ibaraki-airport.net/

東京駅→茨城空港(バス時刻表)
http://www.ibaraki-airport.net/access/bus/tokyo.html

記事執筆:伊藤緑(広報ウーマンネット 代表)