広報気になるニュース:「曲げわっぱ」職人の技はかけがえない財産(2020.3.16)449

2020/03/16

「曲げわっぱ」職人の技はかけがえない財産

便利なもの、新しいものが日々生まれている。そして、世の中は使い捨ての時代になった。これは衛生面の問題もあるけれど、その結果、プラスティックごみ問題が放置できな状態になっている。100円均一が生まれた頃、なんてありがたいと思ったけれど、店内に並ぶプラスティック商品の多さに、このままで良いのだろうか? と思うこともある。そして、自分自身100円という価格で、ケースなどを多く愛用している。そして、壊れれば簡単に捨てる。きっと多くの人がそうではないか、と思う。そんななか、今日のニュースは、30年前のお弁当場後を直すという、職人にしかできない話。日本にも世界にも伝統があり、本来守るべきものなのに、後継者問題がどこでも叫ばれている。事業承継する人がいないという問題だ。すでにこれはビジネスになっている。血のつながりで継ぐのではなく、まったく別の人に渡すという事業継承も増えている。それを繋ぐ会社もある。新しいビジネスを立ち上げるよりも、事業を買うという方法もある。今回、弁当箱を直すに至っては、後継者への教育の意味もあったようだ。時間をかけて技を手にする。それを生業にする。これは、購入する人がいないと成り立たないが、金太郎飴のような、どこを切っても同じに見えるような世の中ではなく、地域に名産があり、銘菓があり、特産品がある。そんな町が、経済的な安定と共に戻ってくることを願うばかりだ。

ポイント
守りたい職人の技

ニュースサイト
よみがえった30年前の弁当箱 曲げわっぱ88歳職人の技 秋田
https://mainichi.jp/articles/20200315/k00/00m/040/020000c

関連サイト
大館工芸社 – 伝統工芸品 大館曲げわっぱ
https://www.magewappa.co.jp

曲げわっぱ 大館工芸社(楽天市場)
https://search.rakuten.co.jp/search/mall/%E6%9B%B2%E3%81%92%E3%82%8F%E3%81%A3%E3%81%B1+%E5%A4%A7%E9%A4%A8%E5%B7%A5%E8%8A%B8%E7%A4%BE/

小判弁当 (大館工芸社) | お弁当 | cotogoto コトゴト
https://www.cotogoto.jp/shopdetail/000000000760/

記事執筆:伊藤緑(広報ウーマンネット 代表)