広報気になるニュース:「令和島(れいわじま)」大田区に誕生。(2020.3.10)443

2020/03/10

「令和島(れいわじま)」大田区に誕生

ネーミングに関するニュースを2つ見つけたので。ひとつは、大田区の埋め立て地に付けられた「令和島(れいわじま)」。令和になり、10ヶ月以上が経ち、各地に生まれているだろう、令和という名の何か。平成の名の付く学校や金融機関もあるので、今後、令和と付く企業名なども増えていくだろう。令和島は公募で決まったが、大田区には、昭和島もあるとして覚えやすいとのこと。モノの名前は、広報の仕事でもある。名前を付けて商標登録する。企業広報時代に私も、特許庁サイトを調べまくった。覚えやすく、まだない名前。以前よりも、オシャレ感より分かりやすさが求められているような気がする。
そして、ネーミングライツのニュースも。先日、渋谷公会堂が、LINE CUBE SHIBUYAになっていて驚いた。渋谷C.C.Lemonホールだった時代もある。分かりやすさで言えば、渋谷公会堂だが、企業が関わることでお金も動く。今日のニュースは、JRの駅の北口公園にヤマハがネーミングライツというもの。御厨駅。読めませんでした。みくりや駅だそうです。「御厨駅(みくりやえき)」北口広場(静岡県磐田市)は、「ヤマハ発動機 Revs サークル(レヴズ サークル)」となるようだ。名前の認知から始まる広報。いかに知ってもらうかは、手腕が問われるところだ。

ポイント
新元号地名や会社名、どのくらい誕生しているのか?

ニュースサイト
大田区に「令和島」誕生。埋立地新町名
https://www.watch.impress.co.jp/docs/news/1239137.html

「令和島」に 大田区帰属の埋立地 町名案
https://www.tokyo-np.co.jp/article/national/list/202003/CK2020030602000132.html

ヤマハ、3月14日開業のJR新駅「御厨駅」北口広場のネーミングライツ取得
https://car.watch.impress.co.jp/docs/news/1239609.html

関連サイト
大田区 Ota City
https://www.city.ota.tokyo.jp/

大田区中央防波堤埋立地の町名案(候補)の選定について
http://www.city.ota.tokyo.jp/oshirase/mokutekibetsu/kuseijoho/chomeiboshu_sentei.files/cyoumeiankouho.pdf

JR新駅「御厨駅」の北口広場に愛称名板モニュメントを設置
https://global.yamaha-motor.com/jp/news/2020/0309/mikuriya-station.html

記事執筆:伊藤緑(広報ウーマンネット 代表)