広報気になるニュース:「コピペ」当たり前が当たり前になるときには発明がある(2020.2.25)429

2020/02/25

「コピペ」当たり前が当たり前になるときには発明がある

PCを使う人であれば、あまりに当たり前すぎて、誰が考えたのさえも考えなかったかもしれない。ただ、自然に生まれたものではない。コピペ。正解共通用語だろう。どんな言葉も、最初は違和感を覚えるだろう。しかし、使われることによって一般用語になる。そして共通用語になる。それらを商標登録する人もいる。しないことで広める人もいる。コピペは、copy and paste コピーは、日本人にも親しみがある言葉だが、ペーストは、PC用語として一般的になったといってよいだろう。ペースト(転写・貼付)は、単体で使われるより、コピペで使われることの方が多いかもしれない。
毎日のように生まれるものがある。普及するもの、しないもの。ブームになるもの。消えていくもの。生み出した人が誰だったかを知らずに使っていた言葉。この言葉に感謝したい。

ポイント
世界共通。コピペ。これがあって仕事は大きく進んだ

ニュースサイト
「コピペ」の発明者、ラリー・テスラー氏死去 74歳
https://www.jiji.com/jc/article?k=20200221039744a&g=afp

関連サイト
コピペとは (コピペとは) [単語記事] – ニコニコ大百科
https://dic.nicovideo.jp/a/%E3%82%B3%E3%83%94%E3%83%9A

記事執筆:伊藤緑(広報ウーマンネット 代表)