広報気になるニュース:「新型コロナウィルス(COVID-19)」で希望退職。ラオックス(2020.2.15)419

2020/02/15

「新型コロナウィルス(COVID-19)」で希望退職。ラオックス

資本主義社会である日本では、人には仕事を選ぶ権利がある。もちろん、誰もが望む仕事に就けるわけでもないし、仕事には才能や運も大きく関わり、ポジションに就ける人、就けない人はいる。ただ、売り手市場の今、仕事を選ばなければ仕事はあるといわれてもいる。年齢的な問題はあるが。ただ、同じくらいに、選ばれるべき人間になるための努力を人は行うことができる。する、しないは自由だ。
今日のニュースは、昨年末から問題になり、年明けから日本でも問題視されている、新型コロナウィルス(COVID-19)に関わるものだ。インバウンドの客が多いラオックスが、希望退職者を募るというもの。正直、ビックリした。こういう形での希望退職を募ることができるということに。確かに、感染被害が広がりや今後の見通しが立たない今、命の危険を感じつつ、毎日仕事をしている人がいるのだろう。
業績の問題(インバウンド事業の見通しが立たないことはあるが)ではなく、このようなことでの希望退職の募集は、もしかしたらこれからも生まれるのかもしれない。これも資本主義の自由なのだろうか?

ラオックスの希望退職募集:販売専門職の正社員・契約社員など対象。140人程度。退職日は3月31日。規定の退職金のほかに特別退職金を加算

ポイント
職業を選ぶ自由

ニュースサイト
ラオックス、新型肺炎の拡大で希望退職募集
https://jp.reuters.com/article/laox-corona-idJPKBN20819I

関連サイト
ラオックス株式会社
https://www.laox.co.jp/

希望退職者の募集に関するお知らせ
https://www.laox.co.jp/wordpress/wp-content/uploads/2020/02/release_20200214_kiboutaisyoku_jp.pdf

希望退職募集制度とは?早期退職との違いやメリット・デメリットについて
https://employment.en-japan.com/tenshoku-daijiten/10294/

記事執筆:伊藤緑(広報ウーマンネット 代表)