広報気になるニュース:「デジタルデトックス」。ネットから切り離された時間を持つ(2020.1.5)378

2020/01/05

「デジタルデトックス」。ネットから切り離された時間を持つ

25年前、携帯電話は存在したけれど、多くの人が持ってはいなかった。通信手段が存在しても、持つ人が居なければれば使うことは少ない。本当に緊急のときだけ使う。そんな時代だった。今は多くの人がスマフォという通信主題を肌身離さず持つようになり、情報交換するアプリもある。声より文字で会話する。そして、ネット上にはニュースが押し寄せてくる。そんな時代に、一時的でもデジタルデトックスをするというニュース。スマフォを手に持つことで、人は自分で考えたり、忘れていたことを思い出そうとすることから逃げ、スマフォで安易に調べ、考えることから逃げてしまう。便利だか、とても怖いことだ。
本当のデジタルデトックスは、キャンプや座禅なしで行うことだが、それは難しい。であれば、少しの時間でもスマフォからPCから離れてみる。そこで不便に感じることがあれば、それは新たな気づきや学びになるのだろう。
デジタルデトックスでストレスフリーになるか、帰って気になってしまうのは、個人によると考える。

ポイント
ネット上の情報より、目の前の人と対峙する

ニュースサイト
脱スマホ やってみた 機器離れストレスや疲れ癒やす「デジタルデトックス」
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200105-00010000-chugoku-soci

関連サイト
デジタル・デトックスがスマホ依存の根本解決にはならない理由
https://www.lifehacker.jp/2019/03/187796why-digital-detoxes-dont-work.html

「デジタルデトックス」でストレスフリーな時間を
https://hotelthescene.com/scenemagazine20.php

記事執筆:伊藤緑(広報ウーマンネット 代表)