広報気になるニュース:「箱根駅伝」。ナイキは今年も強い!(2020.1.4)377

2020/01/04

「箱根駅伝」。ナイキは今年も強い!

新年、箱根駅伝を見るのが恒例になっている人もいるのではないだろうか? 私も実家ではテレビがついているのでついつい見てしまう。今年は、青山学院が10時間45分23の大会新記録優勝を果たした。そして、ナイキが多かった。
昨年も1月4日に、箱根駅伝で選手が履いた靴について書いているが、今日もこの情報を。「選手が履いて走る」ことがまさに広報だからだ。ナイキのシューズを利用する選手が多く、ピンクで染まるだろうといわれていた2020の駅伝。しかし、ナイキから駅伝シーズンに合わせEKIDEN (駅伝) PACKがリリースされた。この靴は左右の色が違うのがポイントかもしれない。ナイキからの提供で履いている選手がいる。しかし、スポーツにはスポンサーがつく。ユニフォームの胸あたりにそれぞれスポンサーのロゴが入っているが、そのロゴがナイキでない選手もナイキの靴を履いているという駅伝になった。それが“ナイキ解禁”だ。
学校にとって、スポンサーは大切なもの。しかし、勝負の世界。勝つことにこだわれば、早く走れるという靴を使いたいと思うだろう。企業はその時、何を考えるのか?

ポイント
ナイキ解禁。スポンサーより順位だ。

ニュースサイト
2020箱根駅伝 ナイキ着用率83%に!/区間賞全員が”厚底”/「ピンクの靴」はもう古い!
https://news.yahoo.co.jp/byline/yamaguchikazuomi/20200103-00157501/

関連サイト
東京箱根間往復大学駅伝競走公式サイト – Hakone Ekiden
https://www.hakone-ekiden.jp/

熊田大樹 @ 陸上 Track&Field(Twitterアカウント)
https://twitter.com/athletekuma

ナイキ ズーム ランニングシューズ/EKIDEN (駅伝) PACK
https://www.nike.com/jp/ja_jp/c/running/zoom-series

昨年の1月4日も箱根駅伝のニュースを書いていました。まだ14日目だった。
広報気になるニュース:箱根駅伝は「ナイキ」厚底シューズ 95選手(2019.1.4)014
https://pr-talk.net/?p=473

記事執筆:伊藤緑(広報ウーマンネット 代表)