広報気になるニュース:年末年始の休業は、おおむね好意的な反応(2019.12.29)371

2019/12/29

年末年始の休業は、おおむね好意的な反応

今年は、働き方への考え方が変わった一年だ。そして、昨年に比べ多くの企業が年末年始の休業を決め、それに対する反応はおおむね好意的なようだ。働く側の気持ちを考えるようになったのか「もっと休めば」という反応もあるよう。年末年始が当たり前に休みだったサービス業が、いつからか年末年始に営業するようになり、売上を上げることに必死になった時代。しかし、働く人にも家族があり、またスーパーは主婦も多く働いている。利用者とサービス提供者が同じ立場だと気持ちが分かるのかもしれない。
営業すること=顧客満足 よりも、 休業すること=従業員満足 が大切になってきた。年末年始は、正月らしく過ごす。年代によって考える正月らしさは違うだろうが、そもそもの日本の正月を調べてみてほしい。年末に用意したおせちを食べ、神社に行って手を合わせる。家族や親戚が顔を合わせる。そんな時代だ。インターネットが発達し、仕事のスピードが上がった現代だからこそ、この時期こそゆっくりするのもいいだろう。
大晦日まで営業、元旦も営業へと変わった時代から、年末年始は休業へ変わっていく。そういえば、年末年始も営業という時代のなか銀行だけは、1993年末から12月31日が休業になったことを思い出した。

ポイント
年末年始の過ごし方、働き方。時代はやはり戻っている。

ニュースサイト
ガスト、幸楽苑も…年末年始に「営業休止するチェーン店」はどこ?
https://bizspa.jp/post-252434/

関連サイト
ロイヤルホールディングス株式会社 コーポレートサイト
https://www.royal-holdings.co.jp/

天丼てんや
http://www.tenya.co.jp/sp/

すかいらーくグループ
https://www.skylark.co.jp/

幸楽苑公式サイト
https://www.kourakuen.co.jp/

大戸屋
https://www.ootoya.com/

記事執筆:伊藤緑(広報ウーマンネット 代表)