広報気になるニュース:飲食店(外食業界)のPRは何が成功なのか?(2019.12.11)353

2019/12/11

飲食店(外食業界)のPRは何が成功なのか?

#忘年会スルー というハッシュタグがトレンドに入った。この時期の外食業界にとって、忘年会は大切なもの。ただ、企業での忘年会はあまり好まれないようだ。そして、個人店よりもチェーン店が増えた今、その店ある必要がある人もいれば、ない人もいる。正直、私はない。そして、外食は劇的に減った。外食店広報にとっての成功って何なのだろうか? と考えてみた。認知度、そして客数、売上。これは他の業種とも同じだが、味、居心地なども大きく関わってくる。店舗名が知られることが多く、運営会社の名前を知らないことが多い、飲食業界。売上だけではなく、食品ロスやゴミ問題、プラスティック問題など。社会問題の解決も問われる。企業イメージ、店舗のブランドイメージ。SNSの利用。どの広報とも同じでありながら、波が激しいと感じるのはなぜだろうか?

ポイント
人は外食に何を求め、何を理由に店舗を選ぶのか?

ニュースサイト
いきなり!ステーキ「お客様のご来店が減少しております」 社長直筆の「お願い」全店掲出へ
https://www.j-cast.com/2019/12/10374778.html

いきなり!ステーキ、急失速に見た積極出店の罠 マイナス続く既存店売上高、見えない打開策
https://toyokeizai.net/articles/-/317714

関連サイト
HOME | いきなり!ステーキ
http://ikinaristeak.com/home/

大戸屋の赤字転落、原因は「安すぎるから」? (1/7)
https://www.itmedia.co.jp/business/articles/1912/11/news036.html

記事執筆:伊藤緑(広報ウーマンネット 代表)