広報気になるニュース:継続は同じことを続けることではない。必要とされるものを。(2019.11.28)340

2019/11/28

継続は同じことを続けることではない。必要とされるものを

同じことを思っている方も多いかもしれない。以前よりかなり減ったが、今も送られてることもある。もちろん、それを待っている人もいる方もいるので、率直に必要かどうかを聞くことが必要かもしれない。多くの人は不要なものを送られると、良い印象を持たない。また、処分するのにもお金がかかる時代。そして、もったいないという発想もある。使われないものは作らない。D2Cと徹底する企業も増えている。”消費者に対して商品を直接的に販売する仕組み”。ロスを出さないという意味でこの仕組みを使っている企業も多い。配ることが目的にならない広報をしたい。

ポイント
変化することへのチャレンジを

ニュースサイト
小島慶子、毎年送られてくるカレンダーに疑問 かける場所なく処分「もったいないし、これ何のサービスだろうと心底…」
https://nlab.itmedia.co.jp/nl/articles/1911/22/news124.html

関連サイト
『D2C』とは?事例と共に説明します。
https://venturetimes.jp/venture-news/column/41499.html

記事執筆:伊藤緑(広報ウーマンネット&PRラボ 代表)