広報気になるニュース:選択肢を増やす。生理であることを伝えることに対する意見(2019.11.25)337

2019/11/25

選択肢を増やす。生理であることを伝えることに対する意見

毎月のことなのに、なぜか公に語ってはならないことと教育、いや教育さえされてこなかったこと。おそらく、人によって症状が違うこともあるだろう。ただ、風邪や腹痛でも人によって症状は違う。生理ちゃんというキャラクターを以前、ここでも紹介したが、大丸梅田店が試験導入したことに対するニュース。
25年くらい前に比べたら、生理であることはオープンな気がする(私の個人的感覚です)。学生は講義中にトイレに行きたいことを伝える。私の世代は、講義中にトイレに行くことは恥ずかしくてできなかった世代のように感じている。賛否があることこそ、これから向き合っていくこと。

ポイント
毎月のこと、体調に影響が大きく出る人、選択の自由を

ニュースサイト
生理をオープンに――大丸梅田店「生理バッジ」に批判も 担当者に試験導入の理由を聞いた
https://nlab.itmedia.co.jp/nl/articles/1911/22/news124.html

関連サイト

【公式】映画化決定!「ツキイチ!生理ちゃん」まとめ読み! | オモコロ
https://omocoro.jp/matome/113450/

大丸梅田店
https://www.daimaru.co.jp/umedamise/

記事執筆:伊藤緑(広報ウーマンネット 代表)