広報気になるニュース:コンビニはどこへ向かう。7時~23時で始まったあの日(2019.11.16)328

2019/11/16

コンビニはどこへ向かう。7時~23時で始まったあの日

1946年に7時~23時の営業を始めた「7-ELEVEN」。相当画期的だったと思う。あれから73年。ライフラインの発達により昼夜関係なく人は動いている。しかし、それにも限界がくるのだろう。コンビニ大手が一気に出したニュースは、営業時間に関するもの。そして、改めて考える。こんなにも夜に働く人が増えても、終電があり始発がある。これは人を制御しているのではないだろうか? 体質はあるだろうが、昔は暗くなれば眠り明るくなれば起きた。そんな時代が長かったのだ。朝日を浴びることの大切さも言われている。朝型を自慢する必要も夜型を誇る必要もなく、自然の摂理に合わせてみるのはどうだろうか? もしかしたら、思い込みがあるのかもしれない。夜中も明るい街はいつかなくなるかもしれない。

ポイント
様々な働き方があれど、夜眠るに立ち返るかもしれない。

ニュースサイト
ファミマ、来年3月から1万5千店対象に時短営業容認 本部で希望退職800人募集
https://www.jiji.com/jc/article?k=2019111400850

セブンイレブン/「深夜休業」正式開始、287店がテスト実施
https://www.ryutsuu.biz/strategy/l111546.html

ローソン/時短営業118店、定休日4店で実施
https://www.ryutsuu.biz/strategy/l111541.html

関連サイト
トーテムストアから7-ELEVENへ
https://www.sej.co.jp/company/history/history_02.html

記事執筆:伊藤緑(広報ウーマンネット 代表)