広報気になるニュース:コンビニおでんが消える日。食品ロス・ゴミ問題を考えればいつかくること(2019.11.5)317

2019/11/05

コンビニおでんが消える日。食品ロス・ゴミ問題を考えればいつかくること

ネットで調べてみた限り、1984年頃からコンビニ横に置かれるようになったおでん。私の子供の頃は、確かになかった。まぁ、それ以前にコンビニがなかったのですが。今日は、コンビニおでんが姿と消すかもというニュース。おでんの具材によって違う時間の管理を考えたら、これも仕方がないかと。それをバイトさんが管理するのは、ちょっと荷が重いようにも思います。さすがにおでんの具材に消費時間をかくわけではないので、レジ中にはしっかりメモが張られているのでは、と思ったり。そして、多くの人が来る店舗では提供に時間も掛かるし、蓋が開いている時間は衛生面でも若干心配な気もします。
このニュースを書いていて思うのは、時代が戻りつつあるような感覚。持ち帰り袋や、プラスチック製品に対しての考え方。50年くらい生きてきた人なら、昔に戻っている感じがする人もいるのではないでしょうか?
今日、ZARAの紙袋を持っている人を見ました。2月から紙袋になっていたんですね。企業も、何かしないと世の中的に厳しい目に晒される時代。コンビニの営業時間も変わる日が近いかもしれません。ピークに達したものは戻る。「揺り戻し」のようなことが起こるように感じます。

コンビニおでんが消える日。食品ロス・ゴミ問題を考えればいつかくること

ポイント
時代が戻る感覚。コンビニおでんは消えるのか!?

ニュースサイト
コンビニおでん中止・縮小のピンチ!~きめ細かなビジネススタイルも限界?
https://gendai.ismedia.jp/articles/-/67929

コンビニ「レジ横おでん」消滅の危機!そのワケは…
https://news.tv-asahi.co.jp/news_economy/articles/000168229.html

関連サイト
コンビニおでん好きによる理想の販売スタイルに賛同の声 「すごい便利」「衛生的」「導入してほしい」
https://nlab.itmedia.co.jp/nl/articles/1911/02/news031.html

コンビニおでん、改良・進化 つゆ素材厳選、染み込みに工夫
https://www.sankei.com/life/news/181126/lif1811260013-n1.html

「ザラ」がプラスチック製ショッピングバッグを廃止、紙袋は再生紙使用へ
https://www.fashionsnap.com/article/2019-02-19/zara-plasticbags/

私見
正直、あまり利用したことがないコンビニおでん。自分で買ったのは10回くらいかもしれません。「えっ!」って思われるかもしれませんが、積極的に購入したいと思ったことがないのです。あまり購入しなかった理由は、習慣がなかったことだと思います。なので、もしなくなっても、えーーとは思わないのですが、実際、店員さんの苦労や食品ロスを考えたら、仕方がないのかもと感じています。おでんの季節ですが、今年どうなるのか? 店舗によって変わるのか、チェックしてみたいと思います。
ちなみに、私の地元では、コンビニおでんには辛子以外に味噌が置いてあることを、いつだったか聞きました。エリアによって違いがあるのでしょうね。

1日1ポチ、応援していただけると励みになります(^^)
↓ ↓ ↓
にほんブログ村 ニュースブログへ
にほんブログ村

記事執筆:伊藤緑(広報ウーマンネット&PRラボ 代表)