広報気になるニュース:企業のキャラはその企業の顔。ヤマト運輸。28年振りにロゴ刷新。猫媒体にも取り上げられる(2019.10.26)307

2019/10/26

企業のキャラはその企業の顔。ヤマト運輸。28年振りにロゴ刷新。猫媒体にも取り上げられる

企業キャラクターを変更するのは、企業の顔が変わるという一大事。それをいかにニュースにし、知ってもらうかは大切なこと。100周年を迎え、28年振りにネコのキャラクターを変えて、クロネコヤマト。suicaのペンギンや、チーバくんを手掛けているイラストレーターさんの作品。このニュースは、ビジネス系の媒体にと思うところだが、私がこのニュースを見つけたのは、ペットに関するサイトの検索をしていたとき。朝日新聞が運営する「sippo」というサイトだ。企業キャラクター=ビジネス誌ではなく、もっと柔らかい媒体にも情報を届けることで、そのキャラクターに類するものに興味がある人に伝わる。特にコンシューマー向けの商品は、不特定多数の方に知っていただく必要がある。情報の発信先は、なるべく多く持っておきたい。

キャラクターが変わる。ネコがかわる。クロネコとシロネコのクロネコヤマト。ペットサイトでもニュースに

ポイント
企業のキャラはその企業の顔。ヤマト運輸。28年振りにロゴ刷新。猫媒体にも取り上げられる。

ニュースサイト
ヤマト運輸のキャラクター、28年ぶり刷新 親子のクロネコは?
https://sippo.asahi.com/article/12821453

関連サイト
ヤマト運輸
http://www.kuronekoyamato.co.jp/

ヤマトHDが28年ぶりにキャラクターを変更
https://togetter.com/li/1420695

ちょっと斬新すぎる!?ヤマト運輸「新キャラ」にネットが沸騰
https://matome.naver.jp/odai/2157189446896249401

クロネコヤマトの『ロゴ』をよく見てみると…? 新発見に「知らなかった」の声
https://grapee.jp/735830

ヤマト運輸100周年トップメッセージ
http://www.kuronekoyamato.co.jp/ytc/corporate/message.html

さかざきちはる
http://sakazakichiharu.com/
さかざきさんのお仕事
http://sakazakichiharu.com/works.html

私見
多くの人が使ったことがあるだろう宅急便。宅急便は、ヤマト運輸の商標登録。なので、他の会社では宅配便と呼びます。こういったことも広報には大切なこと。その宅急便のキャラクターの変更されます。親猫が子猫を加えているキャラクターのイメージが強いですが、100周年の今年、キャラクターを変更。
荷物は運ぶ企業は、今いろんな面で問題を抱えているように思います。これは便利を良きものとした世の中が作り出しているのかもしれません。即日届くことが当たり前と考えてしまうのは、少し違うと思っています。早めに準備すれば、配達までに数日掛かっても問題ありません。そんなに急がなくてもと受け取る方が思ってしまうのですが、企業がそれを良しとしていれば、運ぶ方の負担が大きくなる。それは非常に申し訳ない。働き方改革なのです(それに該当できない職種もありますが……)。荷物を届けていただくという感謝の気持ち、留守中に届いてしまったら申し訳ないという気持ち。そして、約束時間には必ず自宅にいること、を思う日々です。

記事執筆:伊藤緑(広報ウーマンネット 代表)